• トップ
  • リリース
  • MSI、トルクスファン2.0×3により優れた冷却性能を実現した「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、トルクスファン2.0×3により優れた冷却性能を実現した「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」を発売

(DreamNews) 2017年11月09日(木)12時00分配信 DreamNews

MSIは、NVIDIAのフラグシップGPUであるGeForce GTX 1080 Tiを搭載したオーバークロックグラフィックスカードに、冷却機構としてトルクスファン2.0を3基搭載するTRI-FROZRを採用した「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」を追加し、11月10日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、104,980円です。

2017年11月9日 -Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市- グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、NVIDIAのフラグシップGPUであるGeForce GTX 1080 Tiを搭載したオーバークロックグラフィックスカードに、冷却機構としてトルクスファン2.0を3基搭載するTRI-FROZRを採用した「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」を追加し、11月10日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、104,980円です。


本製品は、3584基のCUDAコアを実装したGP102-350チップを採用し、LIGHTNINGシリーズのデザイン要素を取り入れたTRI-FROZRを採用。分散型のファンブレードと従来型のファンブレードを組み合わせ、当社従来品と比べ風圧を22%、風量を13%向上させた独自ファンの「トルクスファン2.0」を3基搭載するほか、ファンの軸受けにはダブルボールベアリングを採用することで、よりスムーズな動作と、すぐれた耐久性を実現しています。また、ヒートシンクのフィンに波形加工を施すことで表面積を拡大し、従来の同形状のヒートシンクより散熱性を約10%向上させています。ヒートパイプには8mm径のスーパーパイプ2本と、6mm径のヒートパイプ4本の計6本を搭載し、銅製GPUベースプレートへの接地面を平滑にすることで、オーバークロック動作時でも、すぐれた冷却性を実現します。さらに、GPU温度が60°以下の低負荷時には、ファンの動作を停止するZERO FROZRもサポートしており、静音性にもこだわっています。

バックプレートには、RGB LEDを搭載しており、GAMINGシステムをカラフルに彩ることもできます。さらに、MSI製マザーボードやCPUクーラーだけでなく、Mystic Light Sync対応のサードパーティ製LED搭載デバイスと組み合わせれば、自分だけのオリジナルゲームシステムを構築することができます。

ディスプレイ出力には、Display Port×2、HDMI×2、デュアルリンクDVI-D×1の5端子を備え、最大4画面への同時出力をサポート。また、HDMIポートを2基備えることにより、VRヘッドマウントディスプレイや大画面液晶テレビへの出力も容易になります。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

【主な仕様】


【製品情報】
GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-GAMING-X-TRIO.html

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/


MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績さえ乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットを持った「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る