• トップ
  • リリース
  • MSI、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャVegaの下位モデル「Radeon RX Vega 56 8G」を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャVegaの下位モデル「Radeon RX Vega 56 8G」を発売

(DreamNews) 2017年09月05日(火)11時00分配信 DreamNews

MSIは、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャである開発コードネームVegaの下位モデルとなる「Radeon RX Vega 56 8G」を9月6日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、61,500円です。

2017年9月5日-Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市-グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャである開発コードネームVegaの下位モデルとなる「Radeon RX Vega 56 8G」を9月6日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、61,500円です。


本製品は、Vegaアーキテクチャ採用グラフィックスチップの下位モデルとなるRadeon RX Vega 56を採用し、GLOBAL FOUNDRIESの14nm FinFETプロセス技術により56個のCompute Unitを統合することで3584基のストリーミングプロセッサを搭載。また、従来のグラフィックスメモリにあたるHigh Bandwidth CacheとしてHBM2メモリを8GB搭載し、2048bit幅のメモリインターフェースで410GB/sのメモリ帯域を実現しています。GPUコアクロックは、ベースクロックが1156MHz、ブーストクロックが最大1471MHzで動作し、最新のVRタイトルもスムーズに楽しむことができます。

ディスプレイ出力には、DisplayPort×3とHDMI×1を備え、最大4画面のAMD Eyefinityマルチ画面出力に対応するほか、AMD独自の画面同期技術であるAMD FreeSyncテクノロジーもサポートしています。カードの電源部にはMSIの高性能コンポーネント規格であるMilitary Class 4に準拠した、約10年の長寿命かつ低発熱のアルミ電解コンデンサを採用するなど、電力効率の向上と、安定性の実現を最優先に開発されています。また、MSIのほかのグラフィックスカードと同様、独自ユーリティティのAfterburnerによって、システム環境に応じて、さらなるオーバークロックを試みることも可能です。

本製品の主な仕様は以下のとおりです。

【主な仕様】


【製品情報】
Radeon RX Vega 56 8G
https://jp.msi.com/Graphics-card/Radeon-RX-Vega-56-8G.html

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/


MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績さえ乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットを持った「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る