• トップ
  • リリース
  • イマ変わらなければ衰退あるのみ!商社・卸業界で生き残るための戦略提言!2017年9月≪商社・卸売業界セミナー 〜商社・卸業界の経営者様へ緊急告知 残された3つの戦略〜≫開催

プレスリリース

株式会社日本M&Aセンター

イマ変わらなければ衰退あるのみ!商社・卸業界で生き残るための戦略提言!2017年9月≪商社・卸売業界セミナー 〜商社・卸業界の経営者様へ緊急告知 残された3つの戦略〜≫開催

(DreamNews) 2017年08月16日(水)13時00分配信 DreamNews

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)は、≪商社・卸業界セミナー≫を2017年9月12日(火)に大阪、9月14日(木)に東京で無料開催いたします。ぜひご参加ください。

“商社・卸”のままでは未来はない!?
日本の産業が、卸売業なしに語ることができない時代は、今終わりを迎えようとしています。周知のとおり、卸売業を取り巻く事業環境は大きく変貌し、非常に厳しい時代を迎えています。販売システムやネット販売のIT化、ロジスティックシステムの構築により流通の効率化が実現される中で、資本力の差によりその競争力に大きな開きが出るようになりました。また、大手と中堅中小での仕入れ格差も課題となっています。さらに、周辺の小売業にSPA化、製造業の直接販売なども卸業界のビジネスモデルに大きく影響を及ぼしています。今、卸業界では、同業界のみならず周辺の業界動向を察知し、ビジネスモデルを柔軟に変える非常に高度な生き残り戦略が必要となっています。
このような現状を踏まえ、卸業界が今後直面する事業環境を予測し、今打つべき戦略仮説を導くべく本セミナーを開催する運びとなりました。このセミナーが卸業界の経営者様が戦略を考えるうえで、刺激剤になればと考えております。

今回のセミナーでは、「商社・卸業界に打ち寄せる荒波」と題して、弊社 事業法人部部長 小森 健太郎が、卸業界のおかれている市場環境を整理し、今後起こり得る業界再編の予測と卸業界に迫りくる変化を指摘します。さらに、日経BP社 日経BP総研 未来研究所 上席研究員 朝倉 博史様と弊社 上席執行役員 西日本事業部長 事業法人部長 雨森 良治が、「商社・卸業界に残された3つの戦略“ヤバい”未来を生き残るヒント」をテーマに、今後の卸業界内外に起こる市場トレンドの予測や、M&Aの現場から導き出された3つの戦略について、事例を交えて紹介します。

会場では専門家による無料個別相談も受け付けています。秘密厳守で、あらゆる経営問題のご相談を承ります。また、M&Aや事業承継に関する無料相談専用番号(0120-03-4150)からも随時、無料相談を受け付けています。日本M&Aセンターは、M&Aによる自社の成長を検討されている経営者の方を全力でサポートいたします。

≪商社・卸業界セミナー≫開催概要(詳細)
【名称】商社・卸業界セミナー 〜商社・卸業界の経営者様へ緊急告知 残された3つの戦略〜
【主催】株式会社日本M&Aセンター

【プログラム】
part1:商社・卸業界に打ち寄せる荒波
〇卸業界を生き残るのは誰だ!?
卸業界のおかれる市場環境を整理し、今後起こり得る業界再編を予測。今、卸業界に迫りくる変化を指摘します。

講師:日本M&Aセンター事業法人部部長/中小企業診断士小森健太郎

ベンチャーキャピタルを経て、日本M&Aセンターに入社。入社以来50件超のM&A成約実績を有する。特に住宅設備卸や鋼材卸等の流通・卸売業の成約に数多く携わる。2017年4月より日本M&Aセンター事業法人部部長。

part2:商社・卸業界に残された3つの戦略 〜“ヤバい”未来を生き残るヒント〜
○卸業界が今後生きていく未来とは
変化の時代を生き残るためには、一歩先の事業環境を予測し、柔軟に変化することが重要となる。
そこで今回は、日経BP社未来研究所の朝倉研究員を招き、今後の卸業界内外に起こる市場トレンドを予測します。
○卸に残された3つの戦略 今やるべきことが見えてくる
M&Aの現場から、業界の変化や、成功企業、失敗企業の事例に触れる中で導き出した3つの戦略を紹介します。

講師:日経BP社 日経BP総研 未来研究所 上席研究員/中小企業診断士 朝倉 博史 様

1986年より東ソーにて電子セラミックスの研究開発に従事。1990年より「日経ニューマテリアル」「日経マイクロデバイス」、ディスプレイや半導体を中心とするデバイス技術の記事を編集・執筆。2005年10月に「日経マイクロデバイス」編集長に就任、2009年より日経BP社と三菱商事合弁のコンサルティング会社テクノアソシエーツに従事。2013年4月より日経BP社未来研究所において「テクノロジー・ロードマップ」シリーズ、「特許未来マップ」「IoTの未来」などの企画・編集に携わる。

講師:日本M&Aセンター上席執行役員
西日本事業部長 事業法人部長/米国公認会計士 雨森 良治

外資系コンサルティング会社より、日本M&Aセンター入社。大阪を拠点として、入社以来50件超のM&A成約実績を有する。手がけた業界は多岐にわたり、多くの業種に精通した西日本屈指のM&Aプレイヤー。社内の年間最優秀社員賞を複数回受賞。2016年4月より日本M&Aセンター西日本統括上席執行役員。

【会場・日程】
東京  2017年9月14日(木)日本M&Aセンター 東京本社24階 セミナールーム
大阪  2017年9月12日(火)日本M&Aセンター 大阪支社36階 セミナールーム
※開催時間 13:30〜15:00(受付開始13:00〜)
【参加費】無料
【定員】東京:80名、大阪:50名
【対象者】中堅・中小企業の経営者様
【セミナーの詳細・申込・お問い合わせ】
Webから(24時間受付中)⇒ https://www.nihon-ma.co.jp/seminar/s_wholesale.html
セミナー申込受付専用電話から(受付時間:平日9:00-17:30) ⇒0120-169-785
=====================================
【株式会社日本M&Aセンター】概要
■社名:株式会社日本M&Aセンター
■設立: 1991年4月
■所在地:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
■電話: 03-5220-5454(代表)
■代表者:代表取締役会長 分林 保弘
 代表取締役社長 三宅 卓
■事業内容 M&A(企業譲渡・譲受)支援業務
■ホームページ: https://www.nihon-ma.co.jp/
■日本M&Aセンターの特徴:
・中堅・中小企業のM&A支援実績は業界No.1の累計3,500件超。
・東証一部上場、M&A専門コンサルタント200名超体制。
・企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
・全国の地方銀行9割、信用金庫8割、約670の会計事務所と提携し、M&A情報ネットワークを構築。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る