• トップ
  • リリース
  • VIA、商用運輸・交通事業者の車両安全性確保を容易にするVIA Mobile360 ADASサンプルキットを発表

プレスリリース

VIA、商用運輸・交通事業者の車両安全性確保を容易にするVIA Mobile360 ADASサンプルキットを発表

(DreamNews) 2017年07月12日(水)11時00分配信 DreamNews

VIA Technologiesは、商用車に先進運転支援システム(ADAS)を迅速に統合するためのVIA Mobile360 ADASサンプルキットを発表いたしました。本キットは、車線逸脱警告、前方および後方衝突警告、死角検出、歩行者検出、車両検出など、絶え間なく変化する道路状況を運転者に警告することにより、車両の安全性を向上させるADAS機能の全範囲をサポートします。

2017年7月12日 台湾・新北市 - VIA Technologies, Inc.は7月12日、商用車に先進運転支援システム(ADAS)を迅速に統合するためのVIA Mobile360 ADASサンプルキットを発表いたしました。本キットは、車線逸脱警告、前方および後方衝突警告、死角検出、歩行者検出、車両検出など、絶え間なく変化する道路状況を運転者に警告することにより、車両の安全性を向上させるADAS機能の全範囲をサポートします。本キットで採用する耐久性にすぐれた車載システムには、遠隔地からのリモートトラッキングおよび監視を実現する4GモデムとGPSを統合するほか、4つの車載用FOV-50カメラ、7インチ車載用HD 抵抗膜方式タッチモニターをで構成されています。



本キットは運輸・交通事業者がリアルタイムの追跡、記録、資産管理のための車両とドライバのデータを収集して分析できるようにするクラウドポータルのVIA Mobile360 E-Trackにも対応。さらに、最大2台のFOV-50カメラを追加することで、ドライバ監視、貨物監視、ライセンスプレート検出などのE-Trackコンピュータビジョン機能を拡張することもできます。

「VIA Mobile360 ADASスターターキットは、トラックやバス、現金輸送車などの装甲車両を運営する運輸・交通事業者にとって、車両や道路の安全性を劇的に向上させることを容易にします」と、VIA Technologiesの国際マーケティング担当VPのリチャード・ブラウンは語ります。また、 「カスタマイズ可能な設計とリアルタイムの遠隔監視システムにより、本キットは、実装やオペレーションに要する全要件を満たすように最適化することができます」と説明します。

VIA Mobile360 ADASサンプルキットは、すでに提供を開始しています。詳細については、
https://www.viatech.com/en/solutions/smart-transportation/in-vehicle/mobile360-solutions/adas/
をご覧ください。

本リリースに関連する画像については、 http://www.viagallery.com/mobile360-svs/ をご覧ください。

VIA Technologies, Inc.について
VIA Technologies, Inc.は、高度に統合された組み込み用プラットホームと、ビデオウォールやデジタル看板からヘルスケアや企業オートメーションまでにわたるM2M、IoT、そしてスマートシティアプリケーションの開発において国際的に主導的な役割を果たしています。本社を台湾・台北におき、VIAの国際的なネットワークはアメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアのハイテクセンターを結び、顧客層は世界中の最先端のハイテク、通信、家電にまでわたっています。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.viatech.com/

お客様からのお問い合わせ先
VIA Technologies Japan株式会社
メールアドレス:mktjp@viatech.co.jp

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
Richard Brown (VIA Technologies, Inc. 国際マーケティング担当VP)
メールアドレス :RIBrown@via.com.tw

HaNaRe PR Group (VIA Technologies, Inc. 日本広報代理)
メールアドレス : press@hanare-pr.jp

記者ならびに編集の方々へお願い:VIAはすべて大文字で表記してください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る