• トップ
  • リリース
  • サイランス、IDCが脅威分析および保護の分野でサイランスをリーダー企業に格付けしたことを発表

プレスリリース

Cylance Japan株式会社

サイランス、IDCが脅威分析および保護の分野でサイランスをリーダー企業に格付けしたことを発表

(DreamNews) 2017年06月15日(木)15時00分配信 DreamNews

IDCは最新レポート「マーケット展望: 2017年の世界規模におけるエンドポイントの脅威分析および保護の専門分野におけるベンダー評価)」にてサイランスをリーダーと称し、AIを活用したサイランスの次世代ソリューションが「既存のアンチウイルスソリューションに代わる」堅牢なソリューションであると明言しました。

AI(人工知能)を活用して高度なサイバー攻撃やマルウェアの実行を未然に防ぐ Cylance Japan(以下、サイランス)は、IDCの最新レポート「MarketScape:Worldwide Endpoint Specialized Threat Analysis and Protection 2017 Vendor Assessment(マーケット展望: 2017年の世界規模におけるエンドポイントの脅威分析および保護の専門分野におけるベンダー評価)」<https://pages.cylance.com/407CNTIDCSTAP_LP-Download.html?itspmagazine>がサイランスをリーダーと称し、AIを活用したサイランスの次世代ソリューションが「既存のアンチウイルスソリューションに代わる」堅牢なソリューションであると明言したことを6月15日発表します。

このレポートには、サイランスのお客様が既存のエンドポイントセキュリティツールに加えてCylancePROTECT(R)<https://www.cylance.com/en_us/products/our-products/protect.html> を導入することで、「効率の良さ、効果の大きさ、PCリソースに与える影響の小ささ」をすぐに実感できる、と述べています。
また「サイランスのアプリケーションをエンドユーザーはほとんど意識しない」こと、「インターネット接続がないオフライン状態で実行することもできる」ことについても評価しています。

IDCは、サイランスの革新的なThreatZERO(R)<https://www.cylance.com/products-protect-threat-zero>コンサルティングサービスについて、「ビジネスをほとんど中断することなく、体系的に防御機能を有効にできる」ことをお客様が高く評価していることも把握しています。
注目に値するのは、サイランスのお客様にとって好ましいのは使いやすいこと、「フォレンジックや救済ツールではなく脅威の検出とブロック」に重点を置いていることとIDCが述べている点です。サイランスが脅威を未然に防ぐ「実行前の防御」が「実行後のインシデント対応」よりも望ましいことを示す大きな証拠です。

本レポートには「防御機能を有効にすると、CylancePROTECTはすべてのWindows PowerShell、アクティブスクリプト、様々な有害マクロの実行を停止できる。クライアントソフトウェアは通常、セキュリティおよび脅威検出に関して年2回アップデートが提供される」とあります。

レポートではさらに、組織が自社で製品をテストするというサイランスの提言を支持しています。「エンタープライズは(中略)公表されているテスト結果を考慮する必要もあるが、IDCの考えでは、セキュリティ製品の効果を十分に理解する一番の方法は組織の本番環境でテストすることだ」と記されています。
サイランスは人工知能(AI)、アルゴリズム技術、機械学習をサイバーセキュリティに応用して既知の攻撃と未知の攻撃の両方を予測し、マルウェアの実行やエクスプロイトを未然に防ぎ、ネットワークでも脆弱とされるエンドポイントの安全性を高めています。攻撃を防いでしまえば、インシデント対応やデータ損失、システムのダウンタイムによって時間やリソースを失わずに済むのです。

本発表と同様の内容は、下記のWebサイトに掲載されています。
https://www.cylance.com/ja_jp/blog/jp-idc-stap-report-names-cylance-leader-in-epp.html

CylancePROTECT(R)について
多数の受賞歴のあるCylancePROTECTは、Cylanceをエンドポイントセキュリティ市場におけるリーダー企業の地位に押し上げた同社の主力製品です。Cylance(R)の画期的なマルウェア識別機能の中核を成すのは、アルゴリズムサイエンスとAI(人工知能)のパワーを活用する革新的な機械学習リサーチプラットフォームで、ファイルごとに何百万もの特性を解析・分類し、DNAレベルまで分解して、そのオブジェクトが「良性」か「悪性」かをリアルタイムで判断します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:https://www.cylance.com/content/cylance/ja_jp/products/our-products/protect.html

Cylance Inc.について
サイランスは、人工知能(AI)、アルゴリズム技術、および機械学習をサイバーセキュリティに応用し、高度なセキュリティ問題を未然に解決することを可能にした初の企業です。CylancePROTECT(R)は、画期的な予測分析プロセスによって、安全か脅威かを迅速かつ正確に識別し、標的となったシステムで有害なコードが実行されるのを阻止します。洗練された機械学習とAIを攻撃者の心理に関する独自の見識と組み合わせ、高度な脅威に対して真の予測および防御が可能なテクノロジーとサービスを提供します。詳しくは、下記Webサイトをご参照ください:https://www.cylance.com/jp
Cylanceのプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases

Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook:https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter:https://twitter.com/CylanceJapan
<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
Cylance Japan株式会社
担当:三浦
電話:03-6386-0061
Email:prjapan@cylance.com

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>
Cylance Japan PR事務局
合同会社NEXT PR(担当:有本、本間)
TEL:03-4405-9537  
Email:cylance@next-pr.co.jp
*Cylance(R) および CylancePROTECT(R) は、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る