• トップ
  • リリース
  • 瞬時に車名や型式を判定するAIを活用した車両画像識別システム「Konpeki(紺碧)」 「Google Cloud NEXT ‘17」(6/14~15開催)にて紹介

プレスリリース

株式会社オークネット

瞬時に車名や型式を判定するAIを活用した車両画像識別システム「Konpeki(紺碧)」 「Google Cloud NEXT ‘17」(6/14~15開催)にて紹介

(DreamNews) 2017年06月06日(火)15時00分配信 DreamNews

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)のAIを活用した車両画像識別システム「Konpeki(紺碧)」は、6月14日(水)〜15日(木)まで行われるGoogleのイベント「Google Cloud NEXT ‘17」( https://cloudnext.withgoogle.com/tokyo/ )にて紹介されます。


 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)のAIを活用した車両画像識別システム「Konpeki(紺碧)」は、6月14日(水)〜15日(木)まで行われるGoogleのイベント「Google Cloud NEXT ‘17」(https://cloudnext.withgoogle.com/tokyo/)にて紹介されます。

 「Google Cloud NEXT ‘17」は、Google製品の最新技術や、導入企業の講演を聴くことができるイベントです。基調講演や展示、デモなど様々な企画を通してクラウドのこれからがわかります。
 「Konpeki(紺碧)」は、イベント内で、Google Cloud Platformの導入事例として、取り上げていただきます。3月8日(水)〜10日(金)(現地時間)まで行われた、同イベントのアメリカ・サンフランシスコ開催に続いての紹介となります。
※サンフランシスコでの講演の様子は、下記URLより動画にてご覧いただけます。https://youtu.be/BwWg__HVfsM?t=39m59s

■「Konpeki(紺碧)」とは
 AIを活用した車両画像識別システムです。2016年10月にサービス提供開始し、中古車販売会社の車両画像整理に使用されています。オークネットが中古車流通事業を通して長年蓄積してきた車両取引のビッグデータを元に、子会社のオークネット・アイビーエスが開発しました。オークション出品社が撮影した車両写真から車名や型式を割り出し、また、その写真が車両のどの部分を写したものなのかを判定いたします。開発には、Googleの機械学習技術 「TensorFlow」などを採用いたしました。

<「Konpeki(紺碧)」2つの機能>
・各写真に対する「フロント」「リア」「カーナビ」などの部位判定
・車名および「DAA-ZVW50」「CBA-TRJ50W」などの型式判定

【会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107-8349)
代表者:代表取締役社長 藤崎清孝
創業年月日:1985年6月29日
資本金:1,594百万円 (2017年4月25日現在)
連結売上高:199億円(2016年12月期)
連結従業員数:583名 (2017年1月31日現在)
株式:東証第一部(コード番号:3964)

■本件に関するお問い合わせ
------------------------------------------------------------
株式会社オークネット 総合企画室  土屋 貴幸・伊藤 慶子・吉岡 祐二
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る