プレスリリース

ユーブロックスジャパン株式会社

ユーブロックス、Commsignia、NXPの2社と協同でV2Xを推進

(DreamNews) 2017年06月06日(火)09時00分配信 DreamNews

2017年5月24日、スイス、タルウィルおよびサンタクララ、米国-u-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周)、Commsignia IncおよびNXP SemiconductorsのV2Xリーディング・カンパニー3社は、本日、信頼性の高い車車間(V2V)および路車間(V2I)技術への急速な需要増に対応するための戦略的コラボレーションを発表しました。

2017年5月24日、スイス、タルウィルおよびサンタクララ、米国 - u-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周)、Commsignia IncおよびNXP SemiconductorsのV2Xリーディング・カンパニー3社は、本日、信頼性の高い車車間(V2V)および路車間(V2I)技術への急速な需要増に対応するための戦略的コラボレーションを発表しました。

北米や欧州市場では、V2X技術の採用が進み、半径1Km以内の他車両、インフラストラクチャ、および歩行者と匿名でセキュアに情報を共有する機能が新型車両に搭載されています。IEEE 802.11p V2X技術は、現時点で、曲がり角の先を確実に見通すことのできる、唯一の実証済みで量産可能な技術です。V2X情報は、安全性の向上、渋滞緩和とCO2排出量削減に対するドライバーの意識を高めることにより、現在はすべての道路利用者に、また、将来は自動運転にも実質的な節約とメリットを提供するものです。

今回のコラボレーションは、3社の強みを活かし、投資を最適化しリスクを軽減する将来を見据えたソリューションにより、自動車業界の顧客に大幅な市場投入期間の短縮とメリットをもたらします。自動車メーカーは、今後5年以内に新車で100%の導入率を達成するため、現在、V2Xを市場に投入するための方法を探しています。今回のマーケット・リーダー3社のコラボレーションは、完全装備の安全な(US DOT SCMS準拠)V2Xシステムの完全統合型ハードウェア/ソフトウェア・ソリューションの提供により、V2X技術の採用を加速していきます。

ユーブロックスの製品戦略近距離無線部門ディレクターCostas Meimetisは次のように語っています。「このコラボレーションは、当社のV2X通信モジュールのように量産可能な車車間(V2V)および路車間(V2I)システムを提供することに焦点を当てています。当社はすでにTHEOモジュール・ファミリーで市場に参入していますが、今回のコラボレーションは、当社のマーケット・ポジションを強化して技術革新を推進し、新興市場に新たなソリューションを提供することになります。当社の専門知識と3社のコラボレーションは、主要市場の新しい法律を守らなくてはならない自動車メーカーの需要増に応えられる位置に私たちが立っていることを意味しています。」

「NXPが専用狭域通信(DSRC)V2X技術のテクノロジー・リーダーであることから、ユーブロックスはNXPのRoadLINKソリューションを選択しました。これは、+105までの周囲温度に対応するAutomotive Grade 2の完全なV2Xシステム・ソリューションであり、クラス最高性能でユーブロックスのV2Xモジュールに電源を供給します」とV2X部門のRob Hoebenシニア・ディレクターは語っています。V2Xは、最小の遅延でリアルタイムに動作して曲がり角の先を見通し、自動運転の実現を支援する、唯一のADAS技術です。IEEE 802.11pに基づくV2Xは5GバージョンのV2Xを補足するものであり、当分の間は両技術が共存するものと予想されます。NXP社は、トラックの短車間距離隊列走行など、V2Xのデモと試験のいくつかに参加しています。北米の大手OEMで製造されているNXP社のRoadLINKソリューションは、ユーブロックスのモジュールが精度と信頼性の高い車両との通信を確実に提供するために有効です。
Commsignia社のJozsef Kovacs CEOは次のように語っています。「Commsigniaは、車とスマートシティーのインフラストラクチャを接続する最高のエンドツーエンドV2Xソフトウェア・スイートで市場をリードしています。NXP RoadLINKチップセットとユーブロックスのモジュールと組み合わせることで、自動車メーカーは安全で完全統合型ソリューションのメリットを活かして新車設計にV2X技術を実装し、道路の安全性と効率性の向上に向けた次のステップを踏み出すことができます。」

ユーブロックス、Commsignia、NXPの3社は、2017年6月7〜8日のTU-Automotive Detroit Conference and Expoにて、3社のコラボレーションによる命を守るV2Vアプリケーションの実現について、ライブ・デモを実施する予定です。この「Fast track to safe & secure V2X」と題されたデモでは、 以下の使用例を紹介します。
-後側方車両検知警報(BSW)
-緊急電子ブレーキ灯(EEBL)
-協調型前方衝突警告(FCW)
-車線変更支援(LCA)
-右左折支援(LRTA)
-制御不能車両警告(CLW)
-交差点運転支援(IMA)
詳細は、https://youtu.be/fyGDrtVbUOYをご覧ください。

最新情報はTwitter: @Commsignia @NXP ?@ublox #FastTrack2V2X #SafeSecureV2X #TUdetroitでもご覧いただけます。


ユーブロックスについて
スイスのユーブロックス社(SIX:UBXN)は、民生、産業および自動車市場向けにワイヤレスと測位用半導体を提供するグローバルリーダーです。ユーブロックスのソリューションにより、人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらにセルラーおよび近距離ネットワークでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様がIoTの革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するためのお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地、特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。詳細についてはwww.u-blox.com/ja/をご覧ください。

最新情報は、Facebook、Google+、LinkedIn、Twitter@ublox、YouTubeでもご覧いただけます。


<お問い合わせ先>
ユーブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com

NXP社について
NXP Semiconductors N.V.(NASDAQ: NXPI)は、スマートワールドのためのセキュアな接続とインフラストラクチャを実現し、生活を快適・安全にするためのソリューションを前進させています。組込みアプリケーション用のセキュアな接続ソリューションの世界的リーダーとして、NXPはセキュアなコネクテッドカー、エンドツーエンドのセキュリティ&プライバシー、スマート・コネクテッド・ソリューションの市場でイノベーションを推進しています。60年以上にわたる実績と専門知識を有するNXPは、35か国以上に44,000名の従業員を擁し、2015年には61億ドルの収益をあげています。詳細についてはwww.nxp.comをご覧ください。

NXP社お問い合わせ先:
Jason Deal, Global Media Relations, NXP
Phone: +44 7715228414
e-mail:Jason.Deal@nxp.com

Commsignia社について
Commsignia(www.commsignia.com)は、最先端の技術と市場のニーズに応じた製品ポートフォリオを提供している、最もダイナミックなV2X企業です。Commsigniaは、次世代の自律走行車とスマート・モビリティのエコシステムを構築するIEEE 802.11pおよびCellular V2Xに準拠したコネクテッドカー/V2X向けの「路上安全性向上」ソフトウェア/ハードウェア製品を専門とし、安全運転および渋滞緩和とCO2排出量削減を推進しています。シリコンバレーに本社を置き欧州にも拠点を構えるCommsigniaは、コネクテッドカーおよびスマートシティー向けに、クラス最高のV2X(Car2X)通信ソフトウェア、堅牢なPKI/SCMSセキュリティを搭載したV2X/ADASハイブリッド・アプリケーション、V2X SDK、車載ユニット(OBU)、路上ユニット(RSU)を供給しています。

Commsignia社お問い合わせ先:
Nicolas Richter, VP Marketing, Commsignia
Cell US: +1 650 614 1771
Tel EU: + 41 79 820 50 79
e-mail:nicolas.richter@commsignia.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る