• トップ
  • リリース
  • アクセラテクノロジ、企業のナレッジマネジメント用途にフォーカスした 業務検索プラットフォーム 「TanQlo」を新規開発し、販売開始

プレスリリース

アクセラテクノロジ株式会社

アクセラテクノロジ、企業のナレッジマネジメント用途にフォーカスした 業務検索プラットフォーム 「TanQlo」を新規開発し、販売開始

(DreamNews) 2017年05月30日(火)11時00分配信 DreamNews

アクセラテクノロジ株式会社は業務知識活用に強みを発揮する「マニュアルナビ」を搭載した業務検索プラットフォーム「TanQlo」を開発し、5月30日(火)より発売開始することを発表いたします。

アクセラテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤達也/以下、アクセラテクノロジ)は業務知識活用に強みを発揮する「マニュアルナビTM」を搭載した業務検索プラットフォーム「TanQlo(タンクロ):注1」を開発し、5月30日(火)より発売開始することを発表いたします。

「TanQlo」は、企業内にある各種ファイルサーバやWebシステム、IBM Notesなどに格納された業務コンテンツを、任意のキーワードあるいはコンテンツに付けられたタグから横断的に検索可能な業務検索プラットフォームです。
企業内に散在する電子ドキュメントをキーワードで検索する「エンタープライズサーチ」の黎明期から15年以上その開発とお客様への提案を行ってきたアクセラテクノロジがこれまでの経験を集大成し、開発しました。

特長の一つ目は、新規に開発した「マニュアルナビTM」を搭載していることです。「マニュアルナビTM」では業務マニュアルなど関連するコンテンツが何十冊も何百冊も存在し、かつ一冊が何百ページもあるような業務マニュアル群に対して目的とする一冊にしぼり込み、さらにその一冊の中において、目的の情報が書かれているページへナビゲーションします。またマニュアルがどのように検索され、どのページが参照されたかの統計情報をマニュアル作成者へフィードバックする機能で、マニュアルの継続的な改善を支援します。

二つ目はクラウド時代に対応した、システムのスケールアウトを邪魔しない価格体系です。利用者数、検索対象コンテンツ量、サーバ数、CPUコア数等に関わらず、一業務あたり一律30万円(月額)という定額制を実現しました。今後、大手の製造業、金融系企業を中心に3年で300拠点への導入を計画しています。

マニュアルナビTM:
「マニュアルナビTM」は、以下の3つの特長を持ち、業務マニュアルや製品マニュアルをナレッジとして活用することで現場の知識底上げや業務の生産性向上に貢献します。

1) 仮想的フォルダ再編成:複雑なフォルダ階層や大量のノーツDBから目的とするコンテンツを特定
ファイルサーバ等による情報共有では、使用しているうちに当初の想定と使い方が変わってきてフォルダ名と中身がマッチしない、またコンテンツを作る立場(例:日付別)と、活用する立場(例:用途別、製品別)で適切な分類法が異なる、部門によって階層やフォルダ名にばらつきがある、等の理由から必要なファイルを探し出すことが困難な状況がよく見られます。一方、そのような状況において、フォルダ体系の再構成を行うのは時間もコストも掛かり、現実的ではありません。
「マニュアルナビTM」では、ファイルサーバにおけるフォルダやノーツDBを仮想的に再編成し、利用する観点から同種のものを統一されたタグでまとめ上げることで、該当ファイルの特定を容易にします。
またコンテンツ単位で任意のタグ付けが可能です。例えばマニュアルを関連する動画や写真と紐づけることによって、複合型のコンテンツとして活用できます。これまで検索の対象とできなかったイメージ系の素材やバイナリデータもこれにより活用容易となります。

2) タグを使ったコンテンツ内検索:分厚いマニュアルの中で目的のページを検索
特定のマニュアルを見つけても、その中から必要な情報を見つけるために本文を一から追っていくようでは、手間がかかり現場での活用が定着しません。
「マニュアルナビTM」では、目的に応じたタグ情報をハッシュタグを使ってあらかじめマニュアルにページ単位で挿入することで、各ページへのダイレクトな絞込みを実現します。
またこのタグは、辞書やルールに従ってページ内コンテンツから自動で抽出し設定することも可能です。帳票のような構造を持った文書から特定の項目の値を取り出したり、専門用語集や社内用語集にあるキーワードをページから抽出したり、「AZ-5011-213」といった部品型番や製造番号などをコンテンツ内から拾い上げるなど、ルールに従いタグとして自動設定することも可能です。

3) 利用分析機能:マニュアルの継続的改善に向けた活用状況や現場ニーズの把握
大量に存在する業務マニュアルのうち、どのマニュアルがよく使われ、さらにその中のどのページがよく読まれているか、マニュアル作成者はなかなか知る機会がありません。そのため現場が知りたい情報と運営側が提供する情報にアンマッチが起きていても気づくことができません。
「マニュアルナビTM」の利用分析機能では、利用者がどのようなキーワードで情報を探しているのか、その結果としてどのページが頻繁に見られているのかを把握することができます。
検索されているのに結果が0件となるキーワードがあれば、関連するコンテンツを追加する等、分析結果をもとに利用者とマニュアル作成者のニーズのアンマッチを解消し、マニュアルを継続的に改善していけます。

クラウド時代に対応したスケール可能な価格体系:
従来、「エンタープライズサーチ」製品の多くは、検索対象のデータ量が多くなればなるほど、あるいは検索能力を拡大しようとCPUコア数を増大すればするほど費用も上がる従量制でした。また製品によってはユーザ数が増えると、ユーザ数分課金され費用が増大するものもあります。そのため利用を拡大したくても予算の都合からあきらめざるを得ない状況もありました。
アクセラテクノロジは、これまでナレッジマネジメントを推進してきた立場から、より多くの現場関係者がナレッジを活用し、ナレッジ活用の基となるコンテンツをより充実させていくことが重要だと考えています。その観点から、利用者数や検索対象コンテンツ量、サーバ数、CPUコア数等の規制を取り払い、予算の増加を気にせず安心して導入いただける定額制を実現しました。

注1: TanQlo: TextSearch accelerating a quality operation
(質の高い経営を加速するテキストサーチ)の略

アクセラテクノロジでは、本商品「TanQlo」のコンセプトや機能の詳細をナレッジマネジメントの最新動向とあわせてご紹介する新商品説明会を開催いたします。

<2017年6月29日開催>
企業のナレッジマネジメント用途にフォーカスした
業務検索プラットフォーム新商品 「TanQlo」ご紹介
詳細、お申込み:http://www.accelatech.com/seminar/2017/0629.html

◇アクセラテクノロジ株式会社について (http://www.accelatech.com/
アクセラテクノロジ株式会社は、2001年に富士通株式会社のベンチャー起業制度により設立され、世界トップレベルの高性能全文検索エンジン「Accela BizSearch(R)」と企業内ナレッジ活用サーバ「Accela BizAntenna」を軸に、知識活用技術で業務の現場にパワーを与え、お客様のビジネスを拡大・加速させるソリューションを提供しています。企業内情報検索サーバの導入数は、国内2,360サーバ(2017年4月現在)の実績を持ちます。

− 報道関係および一般のお問い合わせ −
アクセラテクノロジ株式会社 営業部 営業推進グループ 太宰
TEL: 03-5793-5411/FAX: 03-5793-5412/E-mail: marketing@accelatech.com
URL :http://www.accelatech.com/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る