• トップ
  • リリース
  • いつも眠い…、それ病気かもしれません!新しい現代病を根本から治す!防ぐ!「自分でスッキリ!眠気とだるさ」5月29日(月)発売!定価745円(本体690円)

プレスリリース

辰巳出版株式会社

いつも眠い…、それ病気かもしれません!新しい現代病を根本から治す!防ぐ!「自分でスッキリ!眠気とだるさ」5月29日(月)発売!定価745円(本体690円)

(DreamNews) 2017年05月22日(月)15時30分配信 DreamNews

辰巳出版株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:廣瀬 和二、以下辰巳出版)は、 2017年 5月29日(月)に、だるさ、倦怠感、なんとなくの不調などを最新医学で克服する「自分でスッキリ!眠気とだるさ」(タツミムック)を発売いたします。

辰巳出版株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:廣瀬 和二、以下辰巳出版)は、 2017年 5月29日(月)に、だるさ、倦怠感、なんとなくの不調などを最新医学で克服する「自分でスッキリ!眠気とだるさ」(タツミムック)を発売いたします。

●専門医が1万人以上の疲労患者を診てきて、原因を解明!
最近よく寝ているのに「眠くてだるい」と訴える人がとても増えてきています。ところが、医療機関を受診しても異常が発見されません。中には心療内科などで薬を出され、かえって症状が悪化することもあります。長年、神経科・内科に従事してきた専門医がこれら一連の症状を「眠いだるい病」と新たに名付けました。多くの人が悩んでいるこの現代病を考察し、10,000人以上の患者を診てきた著者がついに原因を解明!治療法や予防法を医師の立場から提示します。

【眠いだるい病の特徴】
●寝ているのに慢性的な眠気、倦怠感がある
●だるいのに食欲が旺盛
●食べるとまた眠くなる
●甘いものを好む傾向がある
●階段を上る行為を嫌がる
●電車やバス、映画館など人が多いところでも誘発する可能性

【眠いだるい病の危険性】
●集中力、気力、記憶力の低下
●肥満、便秘が起きやすい
●頭痛、眼痛、鼻閉が起こる
●男性の場合、重度のED状態が続く可能性も

【著者】
渡辺徹也(わたなべ てつや)…大阪医科大卒業。京都大学医学博士。
内科、神経内科、心療内科、東洋医学の専門医。
現在クリニックを開業しており、疲労症状を訴える患者を研究。

■プレス・ニュース関係者様へのお知らせ
こちらの商品を御社メディア(ニュースサイト、番組等)で取り上げていただける場合、本書をプレゼントとしてご提供させていただきます。
なお、数に限りがございますので、ご希望メディア様は下記担当者宛にご連絡いただけますと幸いです。

<リリース・プレゼント問い合わせ先>
辰巳出版株式会社
DM本部 担当:蛯名
メールアドレス: dm.info@tatsumi-publishing.co.jp

<商品詳細>
『自分でスッキリ!眠気とだるさ』
A4ワイド判(297×225)・64Pオールカラー・中綴じ・右開き

■商品価格
本体:690円(税抜)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
全国の書店(コンビニでも発売予定)で絶賛予約受付中!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■画像をお使いになる際は以下の(c)をお願いいたします。
(c) TATSUMI PUBLISHING 2017.


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る