• トップ
  • リリース
  • 「5月24日、スクーバダイビングの日」をみんなで盛り上げよう! 『みんなで潜る! スクーバダイビングWEEK』 2017年 5月20日(土)〜5月28日(日) 参加証プレゼント

プレスリリース

株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

「5月24日、スクーバダイビングの日」をみんなで盛り上げよう! 『みんなで潜る! スクーバダイビングWEEK』 2017年 5月20日(土)〜5月28日(日) 参加証プレゼント

(DreamNews) 2017年05月22日(月)10時30分配信 DreamNews

株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中野龍男)は、5月24日の「スクーバダイビングの日」を盛り上げるため『みんなで潜る! スクーバダイビングWEEK』を実施します。 5月20日から28日の期間にダイビングを楽しんだ写真と名前を送れば、デジタル版参加証をプレゼントします。ダイビング認定証(Cカード)を持っていない体験ダイビングの方の参加も可能です。

世界的スクーバダイビング教育機関PADI(パディ)の日本オフィスである株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中野龍男)は、5月24日の「スクーバダイビングの日」を盛り上げるため、『みんなで潜る! スクーバダイビングWEEK』を実施します。

5月24日の「スクーバダイビングの日」を含む5月20日(土)から28日(日)の期間にダイビングを楽しんだ写真と名前を送れば、デジタル版参加証をプレゼントします。ダイビング認定証(Cカード)を持っていない体験ダイビングの方の参加も可能です。
皆様、ぜひご参加ください!

【『みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK』キャンペーン内容】
◆実施期間:2017年5月20日(土)〜5月28日(日)
◆場所:世界中のどこの海でもOK。
◆対象:ファンダイビング、講習、体験ダイビングなど、ダイビング器材を身につけていればどなたでも参加可能。
◆参加方法:期間内にダイビング器材を身につけた状態で写真を撮り、参加シートに必要事項を記入して、写真と共に送付してください(郵送またはメール。※参加シートはFAXも可)。
◆参加シート:下記、URLから入手可能。
◆応募締切:2017年6月5日(月)
◆公開場所:PADIのウェブサイト(http://www.padi.co.jp)やSNS上でも紹介する予定です。
◆送付先:株式会社パディ・アジアパシフィック・ジャパン
「みんなで潜る!スクーバダイビングWEEK」係
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-1
TEL:03-5721-1731 FAX:03-5721-1735
E-mail:planning@padi.co.jp

◆プレゼント:お送りいただいた写真と名前を入れた「デジタル版参加証」をプレゼント。
◆URL:http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn17031.asp
◆主催:PADIアジア・パシフィック・ジャパン

【注意事項】
・応募写真は、ご自身で撮影、または撮影者の許可を得たものに限ります。
・応募に際しては必ずご本人(被写体)の同意を得て、肖像権の侵害が生じないよう確認してください。被写体の知的財産権侵害、肖像権侵害等について、PADIは一切の責任を負いません。
・同一写真での応募は1 回限りです。
・応募写真は、ウェブサイトや雑誌等のメディアに掲載させていただく場合があります。
・デジタル版参加証は、参加シートに記入された代表者のメールアドレスに送らせていただきます。参加条件を満たしていない場合や、代表者に連絡が取れなかった場合はお送りできない場合もありますので、予めご了承ください。

PADIは、多くの方がダイビングを楽しんでいる姿を通して、ダイビングの魅力の拡散にもつなげていければと考えています。

【スクーバダイビングの日】
日本国内の主要なCカード発行組織によって構成されている「レジャーダイビング認定カード普及協議会(Cカード協議会)」では、スクーバダイビングのさらなる普及と、夏のハイシーズンを前に控えたこの時期に安全意識を啓発することを目的とし、5(ゴー)2(トゥ)4(シー)= Go to Sea!(海へ行こう!)の語呂合わせを由来として、毎年5月24日を「スクーバダイビングの日」として申請。2015年に一般社団法人日本記念日協会に正式登録されました。
URL:http://www.padi.co.jp/visitors/news/pn15027.asp

【世界最大のスクーバダイビングの教育機関PADI(パディ)】
PADIは本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配し、世界186ヶ国で13万3千人以上のインストラクターを含むプロフェッショナルメンバーと、6,400以上のダイブセンター/ダイブリゾートからなる、世界最大のスクーバダイビング教育機関です。
ワールドワイドなスクーバダイビングのネットワークを持つPADIは、これからも、ダイバーの「楽しむ」「学ぶ」「磨く」といったニーズに対し、プロフェッショナルのサポートが受けられる体制を整えていきます。

【会社概要】
社名:株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
代表:代表取締役社長 中野 龍男
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-20-1
URL:http://www.padi.co.jp/
資本金:4,600万円
従業員数:29名(2017年3月現在)
事業内容:ダイビングの普及や、ダイバーの育成を目的とするスクーバダイビング教育機関

【本件に関するお問い合わせ先】
パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
広報事務局 担当:福土(ふくど)
電話:03-5411-0066 携帯:080-6538-6292
E-mail:pr@real-ize.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る