• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ プリンテッドエレクトロニクスの技術動向と標準化動向〜材料・プロセスの課題と展望〜」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ プリンテッドエレクトロニクスの技術動向と標準化動向〜材料・プロセスの課題と展望〜」を発刊いたしました

(DreamNews) 2017年05月22日(月)09時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「エキスパートシリーズ プリンテッドエレクトロニクスの技術動向と標準化動向〜材料・プロセスの課題と展望〜」を発刊いたしました

プリンテッドエレクトロニクス(PE)は、IoT業界をリードすると予測されている技術である。
PEとnon-PE(従来の製造技術)では大きな違いがある。材料の有効利用や少量多品種生産への適合性、初期投資の抑制面においては、PEがnon-PEよりも有利である。しかしながら、印刷適性に優れ、フレキシブル・ウェアラブルを可能とするインターコネクション材料や配線材料、接着剤等には、従来の材料とは異なる特性が求められている。また、そのための評価技術の確立も含めた標準化が求められている。
本レポートは弊社社外マイスターである鵜飼 育弘氏(客員研究員)がとりまとめました。


発刊日:2017年5月17日
体裁:A4 / 53頁
PDF商品:定価48,600円(本体45,000円 消費税3,600円)


⇒詳細内容・お申込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/R59300300


⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php


株式会社矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る