• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ LCDからOLEDへの転換で求められる新機能性光学フィルム」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「エキスパートシリーズ LCDからOLEDへの転換で求められる新機能性光学フィルム」を発刊いたしました

(DreamNews) 2017年05月23日(火)09時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「エキスパートシリーズ LCDからOLEDへの転換で求められる新機能性光学フィルム」を発刊いたしました

LCD時代にその機能を発現し、発展してきた多くの光学フィルムが存在する。今後、LCDから有機EL(OLED)への転換が進むのか、並列して発展していくのか、またその時にLCDに使用されてきた各種の光学フィルムは今後どうなるのかが問われている。
ここでは、LCDや有機ELの現状と将来動向について筆者の考えを示し、これからのLCDや有機ELに必要な光学フィルムや材料について紹介や提案をする。本レポートは、住友化学株式会社で偏光板や光学フィルムの開発を手掛けて来られた弊社社外マイスターの岡田 豊和氏(客員研究員)がとりまとめました。

発刊日:2017年5月17日
体裁:A4 / 20頁
PDF商品:定価37,800円(本体35,000円 消費税2,800円)

⇒詳細内容・お申込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/R59300200

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る