• トップ
  • リリース
  • ヘンケルジャパン、熱対策材料の新規開発品を初公開 〜人とくるまのテクノロジー展2017 横浜に出展〜

プレスリリース

ヘンケルジャパン株式会社

ヘンケルジャパン、熱対策材料の新規開発品を初公開 〜人とくるまのテクノロジー展2017 横浜に出展〜

(DreamNews) 2017年05月15日(月)18時00分配信 DreamNews

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:金井 博之)のエレクトロニクス事業部は、「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」(会期:2017年5月24日〜26日 会場:パシフィコ横浜)に出展、熱対策材料の新規開発品を初公開します。

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:金井 博之)のエレクトロニクス事業部は、「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」(会期:2017年5月24日〜26日 会場:パシフィコ横浜)に出展、熱対策材料の新規開発品を初公開します。

ヘンケルジャパンブースでは、熱対策材料のパイオニアとしての豊富な車載実績を基に、日系部品メーカーの要望を取り入れた新製品を披露するほか、実工程を想定したディスペンサーのデモンストレーションを行います。あわせて、EV/HEV/PHEVのリチウムイオンバッテリー用途に開発された絶縁・熱伝導性コーティング剤を紹介いたします。

<ヘンケルジャパン 主な展示製品>
液体熱伝導性ギャップ充填材料 Gap Filler(ギャップフィラー)
■豊富な車載実績を基に日系部品メーカーの要望を取り入れた新規開発品
特長
・優れたスランプ抵抗を持ちながら、好適なせん断粘度低下特性によりディスペンシングが容易
・非常に馴染みやすく優れた濡れ性で、低応力インターフェイスを可能にする
用途
・ECU放熱、熱源とヒートシンクのギャップ充填等
■DENSO製ラフェスパでの熱流測定実演
-耐久試験後の熱伝導性グリスvs. Gap Filler比較試験-
・DENSO製ラフェスパ、比較試験の概要については、
ブース内モニターにて随時ご紹介
■実際の工程を想定したディスペンサーの実演

絶縁・熱伝導性コーティング剤
■EV/HEV/PHEVのリチウムイオンバッテリー用途に開発した新規開発品
特長
・優れた絶縁性
・優れた耐スクラッチ性
活用案
・リチウムイオンバッテリーケース、ウォータージャケット、ヒートシンクへの熱伝導性、絶縁性能の付与

<展示会概要>
名称:自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜
会期:2017年5月24日(水)〜26日(金) 10:00〜18:00 (最終日は17:00終了)
会場:パシフィコ横浜
主催:公益社団法人自動車技術会
概要:世界に向けて最新技術・製品を発信する自動車技術者のための国内最大の技術展です。

【ヘンケルジャパンブース番号】:173
http://expo.jsae.or.jp/wp-content/uploads/2017/05/f2a9786cba6b6aad23a81625af8e1ccc.pdf

※ ※ ※ ※

ヘンケルについて
ヘンケルはブランドとテクノロジーのグローバルリーダーとして、ランドリー&ホームケア、ビューティーケア、アドヒーシブテクノロジーズ(接着技術)の3つの分野で事業展開をしています。ヘンケルは1876年の創立以来、コンシューマービジネスおよび産業分野において、Persil(パーシル)、Schwarzkopf(シュワルツコフ)、Loctite(ロックタイト)などに代表される有名なブランドの数々と共に、グローバルにおけるマーケットリーダーとしての地位を維持しています。ヘンケルの従業員数は50,000人超であり、2016年の売上高は187億ユーロ、調整後の営業利益は31.7億ユーロを計上しました。ヘンケルの優先株はドイツ株式指数DAXのリストに入っております。

※ ※ ※ ※

ヘンケルジャパンホームページ:http://www.henkel.co.jp
ヘンケルジャパンフェイスブックページ: http://www.facebook.com/HenkelJapan

※ ※ ※ ※

−本件に関するお問合せ先−
ヘンケルジャパン株式会社 接着技術事業部門
マーケティングコミュニケーション 担当:清 晴世
e-mail: haruyo.sei@henkel.com

※ ※ ※ ※




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る