• トップ
  • リリース
  • 電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ調査レポートが発刊

プレスリリース

株式会社データリソース

電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ調査レポートが発刊

(DreamNews) 2017年05月12日(金)13時30分配信 DreamNews

アイディーテックエックスが市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ 2018-2028年:太陽光発電、エレクトロクロミック、懸濁粒子、調光、透明OLED、建材一体型太陽光発電(BIPV)、構造エレクトロニクス」を出版

株式会社データリソース(東京都港区)はアイディーテックエックス (IDTechEx)が出版した英文調査レポート「電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ 2018-2028年:太陽光発電、エレクトロクロミック、懸濁粒子、調光、透明OLED、建材一体型太陽光発電(BIPV)、構造エレクトロニクス ー Electrically Active Smart Glass and Windows 2018-2028:Photovoltaic, electrochromic, suspended particle, LC, transparent OLED, BIPV, structural electronics」の販売を開始いたしました。

アイディーテックエックス(IDTechEx)が出版した「電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ 2018-2028年:太陽光発電、エレクトロクロミック、懸濁粒子、調光、透明OLED、建材一体型太陽光発電(BIPV)、構造エレクトロニクス ー Electrically Active Smart Glass and Windows 2018-2028:Photovoltaic, electrochromic, suspended particle, LC, transparent OLED, BIPV, structural electronics」は、電気活性スマートガラス、スマートウィンドウ市場を調査し、世界の地域別の動向や用途、フォーマットや化学的性質別の技術などについて掲載しています。

主な掲載内容  ※目次より抜粋

・エグゼクティブサマリー
・イントロダクション
・技術
・透明と半透明太陽光発電と熱発電
・電気的スマートグラスを使ったシェーディング技術
・エレクトロクロミック技術
・電圧応答性素材、静電的志向素材
・アクティブシェーディング向け懸濁粒子技術
・OLED透明ライティングとディスプレイ

◆ このレポートについて
電気活性スマートガラスとスマートウィンドウ 2018-2028年:太陽光発電、エレクトロクロミック、懸濁粒子、調光、透明OLED、建材一体型太陽光発電(BIPV)、構造エレクトロニクス
Electrically Active Smart Glass and Windows 2018-2028:Photovoltaic, electrochromic, suspended particle, LC, transparent OLED, BIPV, structural electronics
出版社:アイディーテックエックス (IDTechEx)
出版年月: 2017年4月30日
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/idteasgnw.html

◆ 市場調査会社アイディーテックエックス (IDTechEx)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/index.html
株式会社データリソースはアイディーテックエックス の日本の正規販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

アイディーテックエックス 正規販売代理店(日本)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る