• トップ
  • リリース
  • ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2017で クラウドセキュリティ・ソリューション展示

プレスリリース

Penta Security Systems K.K.

ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2017で クラウドセキュリティ・ソリューション展示

(DreamNews) 2017年05月12日(金)11時00分配信 DreamNews

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、「AWS Summit Seoul 2017」でクラウド暗号化ソリューション「D’Amo Cloud」とクラウド型WAFの「WAPPLES Cloud」を紹介しました。


クラウド型WAFやクラウド暗号化製品紹介及び新規パートナーシップ模索

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、4月19日から20日まで二日間開催された「AWS Summit Seoul 2017」でクラウド暗号化ソリューションである「D’Amo Cloud」とクラウド型Webアプリケーションファイアウォールの「WAPPLES Cloud」を紹介しました。

AWS Summitは、既存の顧客がAWSを通じて成功を収めることができるように専門的な技術コンテンツを提供し、新規顧客にはAWSプラットフォームに対する教育を提供することを目的とするイベントです。毎年ソウルをはじめ、東京、ロンドン、シンガポール、パリなど、28都市で開催されています。ソウルで開催された「AWS Summit 2017」には約9,000人が事前登録し、昨年より約2倍以上の訪問客が展示場を訪問しました。

今年から本格的にクラウドセキュリティ・ソリューションを提供するため、クラウド事業部を新設したペンタセキュリティは、クラウド関連のセキュリティ要求事項をすべて満たすため、「Penta Cloud Security」という名称でクラウド型WAF、暗号化、認証ソリューションを統合・提供し始めました。今回のイベントでは、当該ソリューションを紹介し、AWS環境での適用方法を知らせる機会を作りました。

クラウド型Webアプリケーションファイアウォール製品である「WAPPLES Cloud」は、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWAFであるWAPPLESの仮想アプライアンスである「WAPPLES V-Series」を中心に、パブリック・プライベートクラウドなどの顧客環境に応じて、様々なサービスやアーキテクチャを提供いたします。既存のITシステムをクラウドに移転したり、運営中のクラウドにWAFを適用する場合はもちろん、Security as a serviceとしてWAFサービスを提供しようとする事業者にも様々な形のパートナーシップと事業協力が可能です。

クラウド暗号化製品である「D’Amo Cloud」は、企業セキュリティレベルの高いデータセキュリティをクラウド顧客に提供できるように最適化した暗号化ソリューションであり、「D’Amo Agent for Cloud」と暗号化鍵管理仮想アプライアンスの「D’Amo KMS V-Series」を様々なクラウドシステム環境に合わせて適用することができます。

ペンタセキュリティのCSOのDSKimは「ペンタセキュリティは、2010年からクラウド環境でセキュリティソリューションを提供するために全力を傾けてきた。クラウドセキュリティ問題を一回で解決できるPenta Cloud Securityを通じて、日本クラウド市場占有率1位のAWS環境に最適化されたセキュリティソリューションを提供する予定だ。」とし、「これからもたくさんのクラウド関連事業者との協力を通じて、安全なクラウド環境構築に向けて努力する予定だ。」と言及しました。

一方、AWS Summit Tokyo 2017は5月30日から6月2日まで3日間、東京のグランドプリンスホテルと品川のプリンスホテルで開催される予定です。




本件に関するお問い合わせ

ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る