• トップ
  • リリース
  • リバーベッド、パートナーが顧客のクラウドおよびデジタルトランスフォーメーションの加速できるようにパートナープログラムのアップデートを発表

プレスリリース

リバーベッドテクノロジー株式会社

リバーベッド、パートナーが顧客のクラウドおよびデジタルトランスフォーメーションの加速できるようにパートナープログラムのアップデートを発表

(DreamNews) 2017年05月11日(木)11時00分配信 DreamNews

アプリケーションパフォーマンス企業のRiverbed Technology(以下リバーベッド)は本日、カリフォルニア州サンタバーバラで開催されたリバーベッド・パートナーサミット2017において、Riverbed(R) Performance Partner Programのアップデートを発表しました。

2017年5月11日

リバーベッド、パートナーが顧客のクラウドおよびデジタルトランスフォーメーションの加速できるようにパートナープログラムのアップデートを発表

リバーベッドのパートナーサミット2017「Disrupt」をテーマに、
著しい変化を遂げるIT環境への適応を目的に開催

アプリケーションパフォーマンス企業のRiverbed Technology(以下リバーベッド)は本日、カリフォルニア州サンタバーバラで開催されたリバーベッド・パートナーサミット2017において、Riverbed(R) Performance Partner Programのアップデートを発表しました。パートナーサミット2017は、リバーベッドのもっとも影響力のあるパートナーが一堂に会し、リバーベッドのリーダーシップとともに今後も協力し、クラウドへの移行やデジタルトランスフォーメーション、進化するチャネルダイナミクスによって生み出される巨大な市場機会の追求を推進するために開催されました。リバーベッドは、クラウドベースかつソフトウェア定義によるIT環境における複雑な課題を解決するための新たなソリューションを開発する一方、パートナー各社はそのチャネルおよび市場戦略を導く重要な役割を果たしています。

パートナーサミットでは、リバーベッドは3つの主要エリアで次のようなソリューションが展示され、クラウドおよびデジタルの戦略とソリューションをエンドカスタマーとともに加速するためにはパートナーはどのようにそれらを活用できるかが示されています。展示されたのは、クラウドネットワーキング(市場をリードするSD-WANソリューション「SteelConnect」)、エンドツーエンド可視化、およびサービスデリバリープラットフォームです。また、リバーベッドは、ユースケースを共有して、リバーベッドソリューションを幅広い市場とパートナーの機会に結び付けることで、お客様の“クラウドファースト”環境および拡大中のSD-WAN市場に向けたビジョンを示しました。

パートナーサミット期間中、リバーベッドはパートナー各社へのさらなるインセンティブを明らかにしました。これらインセンティブは、パートナー各社の成長を促す加速要因であると同時に、既存プログラムのメリットであるジョイントエンゲージメントやエンベデッドソリューション、リバーベッドのソリューションポートフォリオ全体のサービスおよび販売をベースにしたものとなります。さらには、クラウドファースト戦略を採用・運用する顧客をパートナーがサポートするのに必要となるパートナー自身のサービスポートフォリオ――サービスとしてのSD-WAN、サービスとしての可視化、サービスとしてのネットワーク、ブランチソリューション向けのサービス――を開発するために活用できるサービスのフルスイートを構築することに対し、リバーベッドがどのように投資しているかをパートナー各社と共有しました。

これらの発表は、リバーベッドとパートナー各社が互いに成長する機会を広げていこうというリバーベッドの取り組みとコミットメントをさらに一歩進めるものです。これまでに以下のような取り組みを実行してきました。
- エンベデッド&マネージドサービスを構築するチャネルを実現するプログラムを立ち上げ、このチャネルを通じて販売するサブスクリプションライセンスおよび価格決定を含め、進化するお客様の需要に応える
- リバーベッド・コンサルティングパートナートラックを立ち上げ、主要パートナーがリバーベッドのフランチャイズによるプロフェッショナルサービスを提供することで顧客によりよいサポートができるようにする
- パートナーがパイプラインをつくれるように設計されたエンドツーエンドのカスタマイズが可能なチャネルマーケティングプログラムであるRiverbed Reachのメリットを拡大

リバーベッドの戦略は、つねに明確で不変です。リバーベッドの市場開拓戦略にとってパートナーこそが重要なコンポーネントであり、リバーベッドのビジネスのうち95%以上はそのチャネルを通じて行われています。


リバーベッドのチャネルエコシステムは、専門性に優れた、熱心かつ献身的な世界中のパートナーのネットワークに支えられています。このエコシステムには、テクノロジーリセラー、ソリューションプロバイダー、付加価値ディストリビューター、システムインテグレーターおよびアウトソーサー、サービスプロバイダーといったパートナーが含まれています。リバーベッドとそのチャネルエコシステムは協働して、パフォーマンスや運用効率、アジリティ、アプリケーションのエコノミクス、サービス、ネットワーク、遠隔オフィスおよび支社を革新するソリューションを提供しています。

リバーベッドはクラウドおよびデジタル世界にソリューションを提供しています
リバーベッドは、レガシーハードウェアからソフトウェア定義かつクラウド中心のネットワークへのアプローチに転換し、エンドユーザーエクスペリエンスの向上を実現するソリューションを企業に提供しています。そして、企業は、その潜在能力の最大化を目的に、デジタルトランスフォーメーションイニシアティブを加速することができます。リバーベッドの統合型プラットフォームは、ビジネスがクラウドおよびデジタル世界で成功するために必要なアジリティと可視性、パフォーマンスを提供します。リバーベッドのプラットフォームを活用することで、あらゆるパブリッククラウド、プライベートクラウド、またはハイブリッドクラウドから、あらゆるネットワークやエンドポイントへ、アプリやデータ、サービスを提供することができます。

Riverbed SteelHeadTM は、ソフトウェア定義によるWANにまたがるアプリケーション配信の加速化およびピークパフォーマンスのための最適化ソリューションとしては業界ナンバー1です。Riverbed SteelConnectTM は、分散型ネットワークの設計、展開、管理にインテリジェントかつシンプルなアプローチを提供する、画期的なアプリケーション定義によるSD-WANソリューションです。Riverbed SteelCentralTM 製品ファミリは、ユーザーエクスペリエンスとアプリケーション、ネットワークパフォーマンス管理を組み合わせた、エンドユーザーが気づいてヘルプデスクに連絡したり、苛立ってほかのウェブサイトに飛んでしまう前に問題を診断し対処するために必要な可視性を提供する、パフォーマンス管理およびコントロールスイートです。Riverbed SteelFusionTM は、最善の仮想化とインテリジェントストレージキャッシング、そして業界随一のWAN最適化を1つの超集中型インフラストラクチャーソリューションにまとめることでソフトウェア定義によるエッジを可能にします。そうすることで、企業からのニーズにも、支店従業員が各自の仕事に専念できるようにきちんと機能する高性能アプリケーションへのニーズにも対応します。

リバーベッドについて
リバーベッドは、10億ドル以上の売上を誇るアプリケーション・パフォーマンス・インフラストラクチャ分野のリーダーとして、ロケーション・インディペンデント・ コンピューティングにおける最も包括的なプラットフォームを提供しています。ロケーション・インディペンデント・コンピューティングは、場所に依存することなく、常に期待されるアプリケーションパフォーマンスの実行、および必要な際のデータ利用を実現し、エンドユーザがパフォーマンスの問題に気付く前に検出・修正します。最適な場所でアプリケーションとデータをホストする柔軟性を、企業のITインフラストラクチャに提供し、場所や距離をビジネスにおける競争上の優位性へと変えます。リバーベッドの2万7,000を超えるお客様には、Fortune 100企業の97%およびForbes Global 100企業の98%が含まれています。リバーベッドの詳細は、http://jp.riverbed.com/ にてご覧ください。

本文中に記載のあるリバーベッドならびにリバーベッド製品およびサービスの名称またはロゴは、Riverbed Technology, Inc.の商標です。その他すべての商標は、所有者である各社に帰属します。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
リバーベッドテクノロジー株式会社
マーケティング部 玉利
TEL: 03-5423-6712/FAX: 03-5423-6778
E-mail: rvbd-info-jp@riverbed.com

株式会社ジェイスピン
担当:清水・神谷
E-mail:riverbed@jspin.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る