• トップ
  • リリース
  • amsの新しいカラーセンサAS7261、BoMと組立コストの低減と 優れたパフォーマンスを実現

プレスリリース

amsの新しいカラーセンサAS7261、BoMと組立コストの低減と 優れたパフォーマンスを実現

(DreamNews) 2017年05月10日(水)13時00分配信 DreamNews

ハンドヘルドのカラーアナライザやカラーキャリブレーション、モバイル分析デバイス向けに、完全な統合型プラットフォームを提供するXYZ軸カラー補正センサ

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都港区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、統合型カラーポイントセンサICを発表しました。この製品カテゴリではブレイクスルーとなる本デバイスは、カラー分析機器メーカー向けにより優れた精度の提供と、BOMおよび製造コスト削減を実現します。


新しいXYZ軸センサのAS7261 JENCOLOR(R)は、カラー検出用の完全なプラットフォームとして、プロフェッショナルまたは民生用の色差計やカラー分析のデザイン・インを容易にすると共に、製造プロセスを効率化します。次のような機能が備わっています。
CIE 1931 2°測色標準観測者フレームワークからなるダイレクトなXYZ軸カラー補正を実現するCCTおよびフルカラーセンサ。2次元色域のx、y(Y)にXYZ軸調整のマッピングも行い、それをCIE 1976 u’v’ 座標系に拡縮。シリコンウエハー表面に統合したマルチチャネル・フィルターセットで、XYZ軸カラー検出チャネルと同じく「Dark」「Clear」「近赤外」チャネルも提供校正済みCCT、x、y、u’v’ duv およびダイレクトセンサからのカウント値を、アクセス可能なI2CまたはUARTインターフェース経由でアウトプットプログラマブルLEDドライバで電子シャッターを制御および同期統合型レンズを備えた開口部が 4.5mm×4.7mmの LGA パッケージのデバイスに内蔵され、高い検出精度を確保する±20.5°の視野を提供シンプルなテキストベースのATコマンドセットで、ホストのマイクロコントローラまたはプロセッサからデバイスのオペレーションを設定可能 AS7261の正確な三刺激XYZ軸カラーセンシング機能とは、CIE 1931およびCIE 1976というカラーマッピングシステムに代表される「標準観測者」として知られたカラーモデルとなる人間の目のレスポンス曲線を模倣することです。AS7261による白色光の測定は、CIE 1976座標上で色度変化du’v’が ±0.002 という精度で実現します。

AS7261は、センサ・ダイ上に統合された、耐久性と安定性に優れたシリコンフィルタセットにより、市場にある類似チップスケール・カラーセンサを凌駕する高いパフォーマンスを維持しています。このフィルタは、従来型のフィルタにはなかった温度および経時変化に対して高い耐性を発揮し、またセンサに統合されているインテリジェンスが、製造プロセスの一部としてのキャリブレーションを可能にしています。これらのインライン・キャリブレーションプロセスは、エンドプロダクトメーカーが各エンドデバイスをそれぞれの製造ラインで補正・調整する手間を排除します。

ams、シニアマーケティングマネージャ、トム・グリフィスは次のようにコメントしています。「AS7261 JENCOLOR 三刺激センサは、シリコンカラーセンシング技術における飛躍的な一歩をあらわしています。安定性の高さと、シリコン干渉フィルタの明確な特徴を、洗練されたキャリブレーション機能に組み合わせることで、もっと大幅にコストのかかるデバイスに匹敵する正確さを実現する、カラー分析のための初のシステムオンチップを、プライスポイントで生み出すことができました」

AS7261のパッケージは、簡素化した光学および機械設計により、迅速な統合とシステム設計が可能になります。本センサは、魅力的なユニット価格にメリットがあり、外部LEDやごくわずかなコンポーネントを加えるだけでエンドプロダクト設計に実装することができます。つまり、これまでのカラーセンサICを使った製品に比べて、AS7261を使えば、設計、部品表、組立コストがずっと少なくて済むのです。

テネシー州を拠点とするカラーセンサのエキスパート企業Variable Inc. (www.variableinc.com)、Chattanooga担当CEO、ジョージ・ユウ氏は次のようにコメントしています。「amsのAS7261なら、正確かつ安定したフィルタ要素や、適正なプライスポイントで実装しやすい設計を含む、複数の要素を理想的に組み合わせることが可能です。このような組み合わせによって、当社のNODE業界標準カラーセンシング機器のコアデザインを活用できるようになり、プロジェクトの始動からわずか6か月後に新しいカラー識別デバイスであるColor Museを開発し、迅速に発売することができました。amsのスペクトルセンシングファミリのようなイノベーションは、当社がInternet of Color Solutionを拡大し、さまざまな民生用およびポータブルなスペクトルセンシングソリューションを実現するのに役立つ、新たな道を切り開いています」

AS7261は、優れたパフォーマンス、小型化、低コストを実現することで、ハンドヘルドデバイスにペイントカラーマッチングや液体の色分析、ディスプレイ管理、光計測、その他のアプリケーションといった、ポータブル分光分析および色分析のための機能の実装をサポートします。消費電力が少ないことは、電池を電源とする製品への使用にも適しているということです。運用時電流は最大でもわずか5mA、3.3Vの供給で駆動します。

グリフィス氏は次のように結論付けています。「AS7261は、リテールカラーマッチングやディスプレイキャリブレーション、業務用および民生用の簡素な分析ツールなど、大量市場向けアプリケーションのための色彩測定デバイスに、まったく新しい世代への扉を開けてくれます」

AS7261は現在、現在量産を開始しており、入手可能です。価格につきましては、当社代理店までお問い合わせください。

XYZ軸センサAS7261 JENCOLORの評価ボードは、amsのICダイレクト・オンラインストアから入手可能です。サンプル請求または技術情報についてはこちらのサイトをご覧ください。
www.ams.com/Multi-Spectral-Sensing/AS7261.


ams広報担当:神谷
Tel: 03-5269-1038
Email:ams@jspin.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る