• トップ
  • リリース
  • 情報活用ダッシュボード「MotionBoard」が ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」とクラウド連携 〜IoTデータのリアルタイム可視化が容易に〜

プレスリリース

ウイングアーク1st株式会社

情報活用ダッシュボード「MotionBoard」が ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」とクラウド連携 〜IoTデータのリアルタイム可視化が容易に〜

(DreamNews) 2017年05月10日(水)11時00分配信 DreamNews

ウイングアーク1st株式会社は、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」が、株式会社ソラコムが提供する通信とクラウドを融合した IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のクラウド連携をサポートするサービス「SORACOM Funnel」に対応したことを、本日お知らせします。


 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸)は、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」が、株式会社ソラコムが提供する通信とクラウドを融合した IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」のクラウド連携をサポートするサービス「SORACOM Funnel」に対応したことを、本日お知らせします。
 これにより、「SORACOM」のプラットフォームを通じて取得するIoTデータのリアルタイム可視化とモニタリングが容易になります。

 ソラコム社が提供する通信とクラウドを融合した IoT 通信プラットフォーム「SORACOM」におけるクラウドリソースアダプタサービス「SORACOM Funnel」は、「アダプタ」と呼ばれる接続機能を提供しています。Webコンソールから、シンプルな設定をするだけで、対応するクラウドリソースへのデータ送信が可能となり、各クラウドサービスが提供する分析機能などを迅速にセキュアに利用できます。2016年1月にサービス提供開始し、AWSや、Microsoftが提供するクラウドサービスへの連携に対応しており、今回、「MotionBoard」への連携ができるようになりました。



■「SORACOM Funnel」 クラウドリソースアダプタサービスについて
「SORACOM Funnel」は、「アダプタ」と呼ばれる各種クラウドとの接続機能を提供、直接クラウドにデータを送信する機能です。少ないプログラミングで迅速にクラウドリソースに接続、クラウド上のアプリケーションを利用できるほか、各クラウドリソースへの接続のための認証情報を、「SORACOM」上の認証情報ストアに暗号化し保存、セキュアに直接データ転送を行うことが可能になります。
対応しているクラウドサービスは、AWS が提供する「Amazon Kinesis」「Amazon Kinesis Firehose」「AWS IoT」、Microsoft が提供する「Microsoft Azure Event Hubs」です。

「SORACOM Funnel」詳細: https://soracom.jp/services/funnel



<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る