• トップ
  • リリース
  • 神戸デジタル・ラボ、一般参加型の複合イベント「078」でブース出展  街歩きを楽しむアプリなど最新技術を出展、IT業界の「ラボ」をアピール

プレスリリース

株式会社神戸デジタル・ラボ

神戸デジタル・ラボ、一般参加型の複合イベント「078」でブース出展  街歩きを楽しむアプリなど最新技術を出展、IT業界の「ラボ」をアピール

(DreamNews) 2017年04月27日(木)11時00分配信 DreamNews

株式会社神戸デジタル・ラボは、2017年5月6日・7日に兵庫県神戸市を舞台に初開催される一般参加型のクロスメディアイベント「078(ゼロナナハチ)」のトレードショーに出展します。KDLからは今年3月にアメリカ・テキサス州のオースティンで開催された「SXSW2017」でも注目を集めたアプリ「SeekAt」など、デバイスを使った未来の技術を展示します。

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉一郎、以下KDL)は、2017年5月6日・7日に兵庫県神戸市を舞台に初開催される一般参加型のクロスメディアイベント「078(ゼロナナハチ)」のトレードショーに出展します。トレードショーはデザイン・クリエイティブセンター神戸「KIITO(きいと)」で開催され、ITをテーマに約40のブースが出展し、イベントを盛り上げます。KDLからは今年3月にアメリカ・テキサス州のオースティンで開催された「SXSW2017」でも注目を集めたアプリ「SeekAt」など、デバイスを使った未来の技術を展示します。

■一般参加型の複合イベント「078(ゼロナナハチ)」
「078」は都市生活の面白みや心地よさを追求する市民、クリエイター、エンジニアが集い、交わることで創り上げる参加型フェスティバルです。都市で楽しむ「音楽」「映画」「ファッション」に、社会変化を加速させる「IT」、上質な「食」文化、次世代の「子ども」をテーマとしたものを掛け合わせ、ライブ、カンファレンス、見本市(トレードショー)を組み合わせた実験的・国際的な集約点を目指しています。また、2005年から毎年開催されている日本最大級の無料ロックイベント「COMIN'KOBE」ともタイアップし、「若者に選ばれるまち」神戸の実現に向けた一大ムーブメントを創出します。(イベント公式サイト:https://078kobe.jp/

■「SXSW2017」でも注目を集めたアプリ「SeekAt」
「カメラをかざせば冒険が始まる」をコンセプトにTwitterなどユーザーの実際の投稿に基づいてスポットの人気度や盛り上がりを直感的に感じられるというアプリケーションサービスです。
会期中は神戸市内の情報に対応し、SeekAtを利用したゲーム(アンドロイド端末限定)もご用意しています。
インストールはこちら:https://play.google.com/apps/testing/jp.co.kdl.sentan.seekat
※ベータ版でのインストールです。本URLから「テスターになる」をタップ後、ダウンロードしてください。
※ダウンロードはAndroid OSのみです。


■フェリシモ社「クチュリエ」の手芸キット向けウェアラブルアプリ
ウェアラブルデバイス(Telepathy Walker)で 作り方を見ながら手芸を行うアプリを体験いただけます。ウェアラブルデバイス上に作り方の動画と音声が流れますので、それを見ながら同じように製作を進めるだけで簡単な指輪やブレスレットが作れます。

■日本マイクロソフト様と共同でEC向けChatbot「Fashion Recommend Bot」のデモを展示
日本マイクロソフト社のブースでは、同社が提供するクラウドサービス「Azure」に、KDLが制作した「Fashion Recommend Bot」を乗せたデモを展示します。こちらは、ECサイト上にチャット画面を表示し、ユーザーに気に入った服をドラッグ&ドロップいただくと、独自のAIがユーザーにオススメの服を選択対象として表示するものです。また、株式会社Nextremer様の対話システム「minarai」を利用し、システムとの対話も実現しました。
※洋服のイメージは株式会社ハースト婦人画報社様にご提供いただきました。

■兵庫県ブースには、KDL制作のVR体験機も
兵庫県のブースでは、KDLとペタビット株式会社が開発したVRコンテンツ「Dive in Hyogo 4D」をご体験いただけます。このVRコンテンツは、ヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーが兵庫県公館(前兵庫県庁舎)から初代兵庫県庁舎へタイムスリップするような体験をVRシステムで実現したものです。タイムスリップしたユーザーは、初代兵庫県庁舎の県知事執務室へ到着し、執務室のVR空間を歩き回ることによって、室内に有る様々な資料から兵庫県の歴史を探索することができます。

■その他、介護業界向けサービスやセキュリティソリューションもご紹介
展示ブースではほかにも、KDLが提供する介護業界向けのアプリケーションサービス「介護サプリ」や、オリジナルアプリ制作サービス「SmartPleasure(スマートプレジャー)」、情報セキュリティサービス「Proactive Defense(プロアクティブディフェンス)」などもご紹介します。会場へお越しの際は、ぜひKDLブースにもお立ち寄りください。

【神戸デジタル・ラボ 企業概要】
代表者 : 代表取締役社長 永吉 一郎
所在地 : (神戸本社) 〒650-0034 神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
設立 : 1995年10月
資本金 : 2億995万円
従業員数 : 168名(2017年4月1日現在)
URL   : http://www.kdl.co.jp/



【本件に関するお問い合わせ先】※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担 当:広報室 舟橋(ふなはし)
TEL :078-327-2280  MAIL :info@kdl.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る