• トップ
  • リリース
  • 寝ている間に高品質の水素を効果的に吸入! 新製品「水素ごっくっく Air」 5月9日9時(ごっくっく)に発売 〜8時間の連続運転でも安定的に水素を供給〜

プレスリリース

株式会社翔栄ウエルネス

寝ている間に高品質の水素を効果的に吸入! 新製品「水素ごっくっく Air」 5月9日9時(ごっくっく)に発売 〜8時間の連続運転でも安定的に水素を供給〜

(DreamNews) 2017年05月08日(月)10時00分配信 DreamNews

株式会社翔栄ウエルネスは、水素吸入器「水素ごっくっく Air」を2017年5月9日より販売します。 「水素ごっくっく Air」の特徴は、長時間でも安定的に水素供給ができること。独自プログラムにより水素発生量を制御することで、水素供給量の増減なく30mlという一定量の水素を安定的に供給することが可能となりました。 8時間モードにより睡眠時にも目覚めまでに安定的に水素を体内に吸入が可能となりました。

株式会社翔栄ウエルネス(本社:東京都新宿区 代表取締役:宇佐神 慎)は、長時間でも一定量の水素を安定的に生成することができる水素吸入器「水素ごっくっく Air」を2017年5月9日9時(ごっくっく)より販売します。

水素に多くの注目が集まっている現在、水素水を中心に水素入浴剤など多くの関連商品が発売され、消費者の水素水の認知度は50%を超えています。
中でも「水素ガス吸入」は2016年12月9日、厚生労働省より「先進医療B※」に認定され、水素産業の市場規模は300億円に届く勢いで、今後、さらなる市場の拡大が期待されています。
当社は、水素事業において、皆様の健康な生活に役立つ製品を展開しています。
今回発売する「水素ごっくっく Air」は、幅広い層の男女をターゲットに、さらなる水素市場でのシェア拡大を狙ってまいります。
※先進医療Bとは:一定の条件を満たせば保険診療との併用を可能としたもの。
詳細は、厚生労働省HP(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html#)をご確認ください。

■長時間(8時間)の使用ができるようになり、睡眠時に安定的に水素を体内に吸入が可能に。 
水素吸引器「水素ごっくっく Air」の最大の特徴は、長時間(8時間)でも安定的に水素を供給することです。
「イオン交換膜型電気分解※」という水素生成方式を採用し、独自のプログラムによって水素発生量を制御することで、水素供給量の増減なく30mlという一定量の水素を安定的に供給することが可能となりました。
また、発熱による電気分解の中断もなく、8時間モードにより睡眠時にも目覚めまでに安定的に水素を体内に吸入することができるようになります。
※イオン交換膜型電気分解とは:電解槽から高濃度水素のみを取り出し、希釈することで、安定的に、そして安全に水素を供給することができる水素生成方式。

■主な使用例
「水素ごっくっく Air」は、様々な目的で活用ができます。
・健康な方(病気予防・老化防止)
・美を追求したい方(シミ・しわ)
・ダイエットを心掛けている方
・アトピーで悩んでいる方
・花粉症・鼻炎でお悩みの方
・疲れ・頭痛・不眠症の方
・ストレスに悩まされている方
・症状が重い方


■製品概要
・商品名 :水素ごっくっく Air
・発売日 :2017年5月9日
・販売料金 :880,000円(税抜)
・本体サイズ :W210×D265×H270
・重量 :4.8kg
・水素ガス発生方式:電気分解(イオン交換被膜方式)
・水素濃度 :40,000ppm(4%)未満
・水素発生量 :約30ml/min
・ガス発生量 :約750ml/min
・タイマー機能 :0.5h/1h/8h(選択)
・使用水 :精製水
・電源 :ACアダプター 入力AC100V 出力DC12V
・消費電力 :約45W
・製品サイト :http://313599.net/

【会社概要】
・会社名 :株式会社翔栄ウエルネス
・代表 :代表取締役  宇佐神 慎 (ウサミ マコト)
・本社 :東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル2階
・営業所 :東京都中野区東中野3-1-2
・事業内容 :水素関連商品の販売


<プレスリリースに関するお問い合わせ先>
翔栄ウエルネス 広報事務局  担当: 三原
電話: 03-5411-0066   携帯: 070-2194-4329  E-mail: pr@real-ize.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る