• トップ
  • リリース
  • 階段避難車「イーバックチェア」の使用体験会を実施 −有事の際に救える命を守る職場を目指し、本社防災訓練と同時開催−

プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

階段避難車「イーバックチェア」の使用体験会を実施 −有事の際に救える命を守る職場を目指し、本社防災訓練と同時開催−

(DreamNews) 2017年04月24日(月)10時00分配信 DreamNews

SBSグループは、グループ本社が入居するするオフィスビル「オリナスタワー(東京都墨田区太平4)」にて、本日開催された自衛消防訓練に合わせて、社内備え付けの階段避難車「イーバックチェア」の使用体験会を初めて行いましたのでお知らせします。

SBSグループは、グループ本社が入居するするオフィスビル「オリナスタワー(東京都墨田区太平4)」にて、本日開催された自衛消防訓練に合わせて、社内備え付けの階段避難車「イーバックチェア」の使用体験会を初めて行いましたのでお知らせします。

SBSグループでは、「職場・家庭など身近に発生した傷病者の命を守る」をテーマに、日ごろから様々な防災訓練や、避難器具の整備を進めております。また、半年に1回開催されるオリナスタワーの「自営消防訓練」にも、グループを挙げて積極的に取り組んでおります。

本日使用体験会を実施した「イーバックチェア」は、階段を避難するために製作された、世界初の階段避難車です。歩行困難な人を、エレベーター等が使用できない非常時に、ビルの上階から健常者とほぼ同じ速度で建物外へ避難させることを目的として使用します。

使用体験会には、グループ会社の有志10名が参加。イーバックチェアの構造理解や組立て実演、非常階段で実際に降ろす練習を行いました。最大の特長である「健常者の歩行と同じ速度」で使用するには、練習を重ねないと難しいことがわかりました。

SBSグループは、このような取組みを通じて救命活動を啓発する輪を広げ、人命の尊さについて職場全体で意識を共有する場づくりに努めております。いざという時に救える命を救える職場環境の実現を目指して、今後もさまざまな課題に取り組んでまいります。

■ご参考
<SBSグループ概要>
持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ持株会社)
設立:1987年12月
代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
上場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
資本金:39億円 (2016年12月末現在)
売上高:1,490億円 (2016年12月末現在、連結)
従業員数:13,841名 (うち正社員5,189名、2016年12月末現在、連結)
事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発、環境物流などの専門的な企業群を有しています。
グループ:連結子会社16社(2017年1月1日現在)
主要企業と主な事業
SBSロジコム(株) 総合物流、3PL
SBSフレイトサービス(株) 一般物流、路線事業
日本レコードセンター(株) 一般物流、3PL
SBSグローバルネットワーク(株) 国際物流
SBSフレック(株) 食品物流、3PL
SBSフレックネット(株) 食品物流
SBSゼンツウ(株) 食品物流、個人宅配
SBS即配サポート(株) 即日配送、廃棄物処理
SBS Logistics Singapore Pte. Ltd. アジア地域統括、国際物流
SBSアセットマネジメント(株) 物流施設の開発、賃貸
SBSスタッフ(株) 人材派遣、職業紹介
SBSファイナンス(株) リース、保険、共同購買
マーケティングパートナー(株) マーケティング、通販事業
URL:日本語 http://www.sbs-group.co.jp 英語 http://www.sbs-group-ir.com

■本件に関するお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る