プレスリリース

株式会社データリソース

次世代自動車の技術革新と部品変化調査レポートが発刊

(DreamNews) 2017年04月24日(月)09時00分配信 DreamNews

総合技研株式会社が次世代自動車、特に自動車のパワートレインの電動化とブレーキ・ステアリングにおける電動化・自動化に焦点をあて、これに伴う部品の変化の動向について現状と今後について分析を試みた調査レポート「2017年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」を出版

株式会社データリソース(東京都港区)は総合技研株式会社が出版した調査レポート「2017年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」の販売を開始いたしました。

総合技研株式会社が出版した「2017年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化」は、自動車のパワートレインの電動化とブレーキ・ステアリングにおける電動化・自動化に焦点をあて、これに伴う部品の変化の動向について現状と今後について分析・予測を行っています。

調査項目

I.パワートレインシステムにおける技術革新と部品の変化・2025年予測

1.自動車のパワートレインにおける技術革新と市場性

1. ハイブリッド車の動向
2. 電気自動車の動向
3. 燃料電池車の動向

2.パワートレインの電動化にともなう部品の変化と市場動向

1. パワートレインの電動化にともない変化・追加される基幹部品の動向
1) バッテリー
2) パワートレイン用モータ&ジェネレータ
3) PCU(パワーコントロールユニット)
4) インバータ
5) DC/DCコンバータ
6) インバータ・コンバータの冷却システム
7) トランスミッション

2. ハイブリッド車や電気自動車により電動化などに変化する部品の動向
1) ブレーキブースタ
2) 電動コンプレッサ
3) 電動ウォーターポンプ
4) 電気発熱ヒーター

3. 電気自動車により不要となるまたは影響を受ける 主な部品の現状の業界マトリクス動向(業界マップ)

II.ステアリング、ブレーキ、スロットル、シフト、カーエアコンシステム における技術革新と部品の変化・2025年予測

1.アクティブステアリング(ステアバイワイヤ)と部品の変化

ステアバイワイヤの各タイプと実用化状況
ステアバイワイヤ搭載車動向
ステアリングのバイワイヤ化に伴う部品動向
アクティブステアリング市場規模・搭載率動向
ステアバイワイヤ用部品の納入マップ

2.ブレーキシステムの脱油圧・電動化・自動化と部品の変化

自動ブレーキ主要搭載車と市場規模
現在のEHB・EMB実用化状況
EHB搭載車動向
ブレーキの電動化に伴う部品動向
EHBの用途(回生協調/電子ブレーキ)別市場規模
EHB用部品の納入マップ

3.スロットルの電動化(スロットルバイワイヤ)と部品の変化

電子スロットル(スロットルバイワイヤ)の市場規模と部品の変化
電子スロットルの納入マップ

4.シフトチェンジシステムの電動化と部品の変化
5.パーキングブレーキシステムの電動化と部品の変化
6.車載用照明(LED化)と部品の変化

III.自動運転システムの市場予測

1.自動運転システムの実用化に向けたロードマップ
2.自動運転システムの自動化レベル別市場規模予測
3.自動運転システムの要素技術と重点開発項目

このレポートについて

2017年版 次世代自動車における技術革新と部品の変化
出版社:総合技研株式会社
出版年月:2017年4月
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgngnautopart.html

総合技研株式会社について

株式会社データリソースは総合技研株式会社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html

このプレスリリースに関するお問合せ

株式会社データリソース (総合技研株式会社 正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp


データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る