• トップ
  • リリース
  • 業界初 全国の取引先書店に「Ponta」「楽天スーパーポイント」「dポイント」を今秋導入 〜バージョンアップした新POSレジで「共通ポイント」対応が可能に〜

プレスリリース

株式会社トーハン

業界初 全国の取引先書店に「Ponta」「楽天スーパーポイント」「dポイント」を今秋導入 〜バージョンアップした新POSレジで「共通ポイント」対応が可能に〜

(DreamNews) 2017年04月25日(火)11時00分配信 DreamNews

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤井武彦)は、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和宏)、株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川剛)と提携、2017年秋より、取引先書店に各社運営の「共通ポイント」を選んで導入できるサービスを開始します。

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤井武彦)は、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和宏)、株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川剛)の3社と提携し、2017年秋より、全国の取引先書店に各社の運営する「共通ポイント」を選んで導入できるサービスを開始します。

さらにトーハンは、今回の「共通ポイント」導入にあたって新しいPOSレジを開発。この新POSレジを取引先書店が導入することで、客数・客単価の向上が見込める「共通ポイント」の取り扱いが可能となります。新POSレジは、「共通ポイント」機能を新たに実装しながらも、価格は従来機と同額に抑えたため、取引先書店は追加負担なしで「共通ポイント」を実施できるようになります。

書店でのポイント使用率は大変高く、以前から「共通ポイント」への対応を望む声が寄せられていました。ただその要望は、取引先書店の出店環境や周辺のポイント実施状況により、希望するポイントの種類が異なっており、それらのニーズにどう対応するかが課題でした。

そこで3社と連携し、出版業界で唯一「Ponta(ポンタ)」「楽天スーパーポイント」「dポイント」の3つの代表的な「共通ポイント」に対応可能なPOSレジを開発、取引先書店のニーズに合わせて最適なポイントを選択して頂けるようにし、組み合わせによっては複数のポイントを併用できるようにしました。いずれも書店では初の試みです。

トーハンは、各社の「共通ポイント」の導入により、顧客のポイントサービスの選択肢を広げることで利便性を向上させ、取引先書店の集客・増売に寄与したい考えです。
なお、「共通ポイント」の導入につきましては、従来の再販制度の弾力的運用の一環と考えております。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社トーハン  広報室  TEL:03-3266-9587


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る