• トップ
  • リリース
  • 「お子さまの健康に関して気になる点は?」親が感じているお子さまへのお悩み調査

プレスリリース

有限会社ルーティ

「お子さまの健康に関して気になる点は?」親が感じているお子さまへのお悩み調査

(DreamNews) 2017年04月26日(水)15時00分配信 DreamNews

子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん(www.suku-noppo.jp/)」が、保護者の方々(1399名)を対象に、“親が感じている「お子さまの健康」にまつわる調査”を実施いたしました。

【アンケート結果データ1】
 
■ Q.「お子さまの健康に関して気になる点はなんですか?」(カテゴリー別)
食事に関すること:40.6%/成長に関すること:29.7%/便秘:8.2%/風邪・免疫:5.1%/アレルギー:3.1%/特になし:2.7%/その他:10.6%

カテゴリー別のアンケートでは「食事に関すること」が、40.6%、次いで「成長に関すること」が29.7%となり、食事と成長に関することで約70%を占める結果となりました。
 
【アンケート結果データ2】
 
■ Q.「お子さまの健康に関して気になる点はなんですか?」(詳細別)
好き嫌い・栄養バランスの偏り:19.7%/身長:16.4%/野菜嫌い・野菜不足:11.8%/便秘:8.2%/肥満:7.3%/体重:6.0%/少食:6.0%/風邪・免疫 5.1%/お菓子ばかり食べる:3.1%/アレルギー:3.1%/特になし:2.7%/その他:10.6%

また、詳細回答で最も多かったのは「好き嫌い・栄養バランスの偏り」(19.7%)。
次いで、野菜嫌い・野菜不足(11.8%)、少食(6.0%)、お菓子ばかり食べる(3.1%)など、多くの方々がお子さまの偏食に悩んでいる結果となりました。
 
「お子さまの食事を準備する際、重視していることはありますか?」 という質問には、約10.8%の方で「野菜類を細かくして目立たなくする」、「スープや煮込んだ調理方法にする」など、野菜をお子さまにとってもらうための様々な工夫が見られました。
 
野菜の調理法といえば、葉物はサラダ、根菜類は煮物... といったようにワンパターンになりがちですが、野菜料理の際に用いる調理法はいろいろです。野菜の特性によって向き・不向きはありますが、食材ごとにその調理法を組み合わせていくことで、野菜の新しい食べ方が発見できたり、バリエーションがぐっと広がったりすることで様々な野菜を飽きずに楽しく食べることができます。基本的な調理法と主な野菜を組み合わせた調理例を下記にまとめています。
 
●野菜不足解消!野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法
http://kids-aojiru.jp/yasai_kokufuku
 
野菜を毎日しっかり摂る、というのはなかなか難しいことでもありますが、そんな時に強い味方になるのが「野菜ジュース」や「青汁」です。特に「青汁」は、野菜の栄養素を凝縮したドリンクともいえます。飲む以外にも、シリアルやパンケーキに混ぜて食べでもOK。「もう少し、野菜をたくさん摂れたらな...」とお悩みの方は毎日の生活に「青汁」をプラスしてみるのもおすすめです。

●「スクスクのっぽくん」プロデュースの「こどもフルーツ青汁」
http://kids-aojiru.jp/lp_new/
 
九州大分産の国産大麦若葉+14種類の野菜と4種のフルーツ。
カルシウム+ヨーグルト14個分の乳酸菌+ビフィズス菌入り
モンドセレクション金賞受賞、iTQi優秀味覚賞受賞
内容量:120g(4g×30本)×2箱セットから
販売元:有限会社ルーティ(スクスクのっぽくん)<通販限定商品>

《アンケートの詳細》
<約7割が「食事」と「成長」に不安!お子様の健康に関して気になる点を大調査>
http://www.suku-noppo.jp/data/yasai_2017


[ 調査データに関するお問い合わせ ]

出典:子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん」
https://www.suku-noppo.jp/

「スクスクのっぽくん」(有限会社 ルーティ)
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3 麻布台第一ビル5F
TEL:03-5545-9214
 
【アンケート回答ユーザー】(n=1399)
※調査期間 2017年1月13日〜4月18日まで




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る