プレスリリース

株式会社サーティファイ

「実践JavaTM技術者試験」サンプル問題を公開します。

(DreamNews) 2017年04月18日(火)14時00分配信 DreamNews

サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する「実践JavaTM技術者試験」のExpert、Specialist級のサンプル問題を公開します。問題と併せて解答・解説も開示しますので、試験内容のみならず出題のポイント、設問意図などを具体的に確認することが可能です。

株式会社サーティファイ(所在地:東京都中央区、代表取締役:国山 広一、以下 サーティファイ)は、
現役のITエンジニアや、プログラマーを志す学生および実務未経験者、ならびにIT人材の育成に取り組む指導者の方々を対象に、「システム開発の現場で活用できる実践的なJavaプログラミング能力」を測定・評価する「実践JavaTM技術者試験」の受験申込受付を、2017年4月17日(月)より開始します。
今回、受験申込受付の開始に合わせ、Expert、Specialistの2級位のサンプル問題と解答・解説を公開します。

なお、「実践JavaTM技術者試験」の開始に先立ち、当サンプル問題に基づき実施したモニタリング試験では、参加された教育機関・企業等団体より、以下のコメントを頂いています。

○「現場では基本文法よりも問題解決や防止への知識が求められることが多く、より有効な試験となっていると思う。」
○「初学者が自分の実力を知る良い試験だと感じた。」
○「深い理解が必要な問題が多く、是非学習させたい。自信につながりそう。」

※モニタリング期間  :2017年2月1日(水)〜3月31日(金)
 モニタリング対象属性:専門学校、企業、プログラミングスクールなど17法人
 モニタリング実施主体:サーティファイ情報処理活用能力認定委員会

当試験のサンプル問題は以下で公開しています。
■実践JavaTM技術者試験 サンプル問題請求フォーム
https://www.sikaku.gr.jp/form/index.php/jj_request/

当試験の団体受験は以下で受付しています。
■実践JavaTM技術者試験 団体受験申請
http://www.sikaku.gr.jp/js/jj/organization/apply/

【会社概要】
会社名  : 株式会社サーティファイ (Certify Inc.)
代表   : 代表取締役 国山 広一
所在地  : 東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
沿革   : 昭和58年より34年間に渡り7分野25種類の資格検定試験を主催し、
       国内・海外の合計1,536の試験会場にて年間14.4万人、累計286万人の受験者を有する。
事業内容 : ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催。
       実施主催試験に対応した問題集の開発、販売。
URL   : http://www.sikaku.gr.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社サーティファイ
担当者名:大橋 崇也
TEL:0120-031-749
Email:ohashi.takaya@certify.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る