• トップ
  • リリース
  • 大阪いずみ市民生協 とまとちゃん福祉基金「書き損じはがき募金」のとりくみ報告。11,608名の参加があり、額面で1,530万円が寄せられました!

プレスリリース

大阪いずみ市民生活協同組合

大阪いずみ市民生協 とまとちゃん福祉基金「書き損じはがき募金」のとりくみ報告。11,608名の参加があり、額面で1,530万円が寄せられました!

(DreamNews) 2017年04月14日(金)17時00分配信 DreamNews

とまとちゃん福祉基金「書き損じはがき募金」のとりくみ報告。11,608名の参加があり、額面で1,530万円が寄せられました! 「書き損じはがき募金」のとりくみは、ご家庭に眠っている「未投函のはがき、未使用切手」などを寄付いただくとりくみです。寄せられた寄付は「とまとちゃん福祉基金」の財源として活用され、地域でとりくむ福祉活動を支援します。

とまとちゃん福祉基金「書き損じはがき募金」 とりくみのご報告
「書き損じはがき募金」のとりくみは、ご家庭に眠っている「未投函のはがき、未使用切手」などを寄付いただくとりくみです。寄せられた寄付は「とまとちゃん福祉基金」の財源として活用され、地域でとりくむ福祉活動を支援します。

11,608名の参加があり、額面で1,530万円が寄せられました!

【受付期間】
 1月23日(月)〜3月31日(金)
【受付方法】
 宅配は寄付専用封筒に入れ、配送担当者にお渡し。店舗は寄付専用封筒に入れ、受付ボックスへ入れる。
【受付品目】
 ・未投函の年賀はがき、官製はがき・・・ 住所を書き間違えてしまった、古くてつかえないものなど。
 ・未使用の切手・・・ 使わずに引き出しなどで眠っている切手、記念切手。
 ・商品券・・・ ギフトカードなど紙式の商品券。※期限切れのものは受付不可
 ・外国紙幣・・・ 海外旅行などで使い切らずに持ち帰った外国紙幣。※硬貨は受付不可
◆とまとちゃん福祉基金◆
 大阪いずみ市民生協は、2016年度より行政などと協力して子ども食堂や学習支援などの地域活動へ食材・活動場所の提供をすすめました。今後、地域活動がより豊かに広がっていくために、地域の一員として、子どもの困窮支援を主とする地域の福祉活動を継続的に支援することを 目的とした「とまとちゃん福祉基金」を2017年度より設立することを決定しました。詳細は、広報までお問い合わせください。

【本件に関するお問い合わせ先】 大阪いずみ市民生協 広報担当 高野(たかの) 072−232−5100


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る