• トップ
  • リリース
  • マレーシアでの販売チャネルを求め、来日中のマレーシア・ムスタファ国際通商産業大臣等へ、“SACHIYO HAYASHI”ブランド化粧品を紹介!

プレスリリース

株式会社林幸千代美容研究所

マレーシアでの販売チャネルを求め、来日中のマレーシア・ムスタファ国際通商産業大臣等へ、“SACHIYO HAYASHI”ブランド化粧品を紹介!

(DreamNews) 2017年04月14日(金)10時30分配信 DreamNews

“いま欲しいキレイ”をビジネス展開している株式会社林幸千代美容研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 幸千代)は、4月12日、ホテルニューオータニ東京で開催された、日本とマレーシア国交樹立60周年記念セミナーに於いて、ムスタファ国際通商産業大臣等へ、“SACHIYO HAYASHI”の化粧品を紹介し、日本のスモールカンパニーがマレーシアに於いてビジネスをスタートさせるための協力を求めた。

“いま欲しいキレイ”をビジネス展開している株式会社林幸千代美容研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役:林 幸千代)は、4月12日、ホテルニューオータニ東京で開催された、日本とマレーシア国交樹立60周年記念セミナーに於いて、ムスタファ国際通商産業大臣等へ、“SACHIYO HAYASHI”の化粧品を紹介し、日本のスモールカンパニーがマレーシアに於いてビジネスをスタートさせるための協力を求めた。

【今後のビジネス戦略】
ムスリム対応化粧品も開発した株式会社林幸千代美容研究所では、PM2.5などの汚染物質から素肌を守る化粧品の需要を見越して、PPシリーズ第1弾となる『PP スキンバリアゲル』を発売、『ラオックス』、『マツモトキヨシ』、また富裕層客を有する『ホテル椿山荘東京』に於いて取扱いが始まり人気を博しています。また、PPシリーズ第2弾としては、世界人口1/4を有するイスラム教徒の訪日増加を予想しムスリム対応版【PPスキンバリアゲル ナチュラル】を発表しました。今後も、唯一のアンチポリューション(汚染物質から素肌を守る)専門化粧品メーカーとして、全世界に急ピッチで販路を拡大していきます。

【PPシリーズ】とは
PPとは、Protection against Pollutionの略で「大気汚染から素肌を守る」ことをコンセプトにしたスキンケアシリーズです。近年、PM2.5などの大気汚染による健康被害が注目されていますが、米国皮膚学会からも「PM2.5などの汚染物質が肌老化を早める」と発表されました。また、「肌表面に付着した微小汚染物質は、肌内部のたんぱく質やバリア機能にダメージを与え、大小のシワ、乾燥、色素沈着などの要因になる可能性、また、紫外線と大気汚染物質は互いに作用し、さらに悪影響を及ぼす可能性がある」と日経ヘルス社からも発表されています。さらに、世界人口の約80%がPM2.5にさらされているとの報告もあります。そこで、汚染物質を肌に直接触れさせないことを目的に開発されたのがPPスキンケアシリーズです。

【PPスキンバリアゲル ナチュラル】とは
『PPスキンバリアゲル ナチュラル』 50g  2,000円(税別)
PPシリーズの第2弾。大気汚染から素肌を守るために開発されたムスリム対応植物系のオールインワンゲルです。大気汚染などによる角層たんぱく質のカルボニル化(くすみや透明感低下)を抑制するだけでなく、分解促進まで期待できると言われている“シルバーバイン(マタタビ)果肉エキス”を配合させ、お子様からご高齢者様まで性別問わずご使用いただけます。朝晩ともにご使用でき、軽いテクスチャーにも関わらず、うるおいも感じられ、しっとり感も持続します。

【役割】
化粧水/乳液/クリーム/美容液/化粧下地  ※1品5役のオールインワンゲル

【フリー項目】
・鉱物油フリー
・シリコンフリー
・パラベンフリー
・エタノールフリー
・石油系界面活性剤フリー
・合成香料フリー
・合成着色料フリー
・旧表示指定成分フリー
・動物由来原料フリー

名 称: 株式会社林幸千代美容研究所
所在地: 〒150-6018 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイス18F
代 表: 代表取締役 林幸千代
URL: http://sachiyo-hayashi.com/

本リリースに関するお問い合わせはこちらまで
株式会社林幸千代美容研究所 担当:金山 info2@sachiyo-hayashi.com
TEL:03-5789-5881  Fax:03-5789-5882
http://sachiyo-hayashi.com/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る