• トップ
  • リリース
  • 欧米豪を中心とした海外富裕層の日本に対する関心などを継続的に調査するコンソーシアム「富裕層インバウンドビジネス研究会」第2期募集開始のお知らせ

プレスリリース

株式会社ルート・アンド・パートナーズ

欧米豪を中心とした海外富裕層の日本に対する関心などを継続的に調査するコンソーシアム「富裕層インバウンドビジネス研究会」第2期募集開始のお知らせ

(DreamNews) 2017年04月12日(水)17時30分配信 DreamNews

富裕層マーケティングを展開する株式会社ルート・アンド・パートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役:増渕 達也)は、2017年4月3日(月)より、多業種から安価に参加可能な、欧米豪を中心とした海外富裕層の日本に対する関心などを継続調査するコンソーシアム商品「富裕層インバウンドビジネス研究会」の第2期の販売を開始いたしました。

富裕層マーケティングを展開する株式会社ルート・アンド・パートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役:増渕 達也)は、2017年4月3日(月)より、多業種から安価に参加可能な、欧米豪を中心とした海外富裕層の日本に対する関心などを継続調査するコンソーシアム商品「富裕層インバウンドビジネス研究会」の第2期の販売を開始いたしました。

「富裕層インバウンドビジネス研究会」は、3か月を1タームとし、マンスリーレポートの提供やオンラインセミナー等を実施します。欧米豪を中心とした海外富裕層に対する知見を深めたいあらゆる企業が参加しやすい形としており、第1期では、大手企業などにご参加いただき、大変ご好評いただきました。第2期では、より内容をブラッシュアップして実施する予定です。

日本政府が2020年に4,000万人の訪日外国人観光客の誘客を目指していることもあり、今後もインバウンドビジネスは拡大傾向が続いていくと考えられます。実際、インバウンド関連のイベントや商談会が増えてきており、旅行関連企業だけではなく、様々な企業や自治体が参加してきています。

富裕層は特に日本にしかないモノや日本でしかできない体験に多額の消費をしてくれる可能性が高く、彼らの消費動向などを継続的に調査・把握していくことは、富裕層インバウンドビジネスをおこなう国内企業や自治体などすべてに共通する重要なポイントです。一方で、富裕層調査には多額の調査費用がかかることも事実で、国内企業の調査投資が進みにくい大きな壁となっておりました。

「富裕層インバウンドビジネス研究会」はこのような課題を解決し、欧米豪を中心とした海外富裕層に対する知見を深めたいと考えている国内企業や自治体をサポートします。

【商品概要】
商品名:富裕層インバウンドビジネス研究会
商品内容:欧米豪を中心とした海外富裕層の消費傾向などを継続的に調査するコンソーシアム
期間:3か月(第2期:2017年7月〜9月、以降順次開催予定)
URL:http://rpartners.jp/inbound/ibk/


【会社概要】
名称:株式会社ルート・アンド・パートナーズ
代表者:増渕 達也(ますぶち たつや)
所在地:〒104-0045 東京都中央区築地2-7-12 15山京ビル903
TEL:03-3541-5051
FAX:03-4496-4582
事業内容:
 富裕層個人向けライフスタイルマネジメント事業
 企業向け富裕層マーケティング/富裕層コンサルティング事業
 自社富裕層ビジネスプロダクト販売事業
Web:http://www.rpartners.jp/

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ルート・アンド・パートナーズ
担当者:宇賀持 一弘(うがじ かずひろ)
TEL:03-3541-5051
E-mail:info@rpartners.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る