• トップ
  • リリース
  • TeamSpiritメジャーバージョンアップSpring‘17をリリース 〜更に使いやすくなった工数管理で「働き方改革」を支援 〜

プレスリリース

株式会社チームスピリット

TeamSpiritメジャーバージョンアップSpring‘17をリリース 〜更に使いやすくなった工数管理で「働き方改革」を支援 〜

(DreamNews) 2017年04月06日(木)12時00分配信 DreamNews

株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下チームスピリット)は、「働き方改革」クラウドプラットフォームTeamSpiritの新バージョン「Spring’17 (V5.120)」の提供を本日から開始しました。

株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下チームスピリット)は、「働き方改革」クラウドプラットフォームTeamSpiritの新バージョン「Spring’17 (V5.120)」の提供を本日から開始しました。
最新バージョン「Spring’17 (V5.120)」では、特に、お客様から要望の多かった工数管理に関連する機能の追加・変更を実施しました。工数管理は、元々、システム開発系企業やプロフェッショナルサービス(コンサルティングや税理士、弁護士等)企業が、プロジェクト原価管理やクライアントへの費用請求額計算のために利用されてきた機能ですが、最近ではこれらの企業のみならず、「働き方改革」を進めるために、社員の作業時間の使い方を見える化するためのツールとして、業種を問わず様々な企業での活用が広がっています。

【工数管理に関する追加機能】
(1) これまで組織毎にしか設定できなかった「作業分類」をジョブ毎に設定できるようになりました。これにより、部署毎にタスク(ジョブと作業分類の組み合わせで定義)を分かりやすく定義できるようになるため、例えば、経理部門などでも、事前に仕事の種類(請求書発行処理、支払処理など)をタスクとして定義し、社員の工数実績を取得することで、社員や部署全体の働き方分析を行うといった活用が容易になります。
(2) 工数実績入力画面で、ジョブまたは作業分類の一部を入力して、タスクを絞り込むことができるようになりました。これにより、タスクの数が多い場合でも、容易に該当のタスクを絞り込む事ができます。

【その他の追加・変更】
弊社サイトでご確認ください。
https://www.teamspirit.co.jp/blog/news/2017/04/teamspirit-spring17.html

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、700社、80,000人に利用されている、勤怠管理/就業管理/経費精算/工数管理/稟議申請を一体化したサービスTeamSpiritを提供する企業向けクラウドサービス企業です。2011 年秋にsalesforce.com, Inc.と資本提携を締結し、Salesforceで実現する本格的な企業向け業務アプリケーションを開発・提供しております。「変化に挑戦するすべての企業と従業員の成功に貢献する」ミッションの実現に努めています。
URL:https://www.teamspirit.co.jp/


【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
株式会社チームスピリット
マーケティングチーム 担当:飛鋪(ひしき)
TEL:03-4577-7510 
e-mail:info@teamspirit.com

*チームスピリット、TeamSpirit、フロントウェアは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る