• トップ
  • リリース
  • グループ従業員向けに第1回救急救命講習を実施 −心肺蘇生技術を習得し、有事の際に救える命を守る職場をめざして−

プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

グループ従業員向けに第1回救急救命講習を実施 −心肺蘇生技術を習得し、有事の際に救える命を守る職場をめざして−

(DreamNews) 2017年04月05日(水)16時00分配信 DreamNews

SBSグループは、従業員向けに心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)使用を中心とした救急救命講習を開始いたしましたのでお知らせいたします。

SBSグループは、従業員向けに心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)使用を中心とした救急救命講習を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 SBSグループでは、「職場・家庭など身近に発生した傷病者の命を守る」をテーマに救急救命講習を開始いたしました。心肺停止者が発生するなどの有事に直面した際、社員自身で適切な行動をとることができる救命の知識と技能の習得を目的としております。

 3月15日(水)に実施した第一回目の講習には、グループ各社から17名が参加。公益財団法人東京防災救急協会から派遣された2名の講師指導のもと“心肺蘇生”、“AED使用”による一次救命処置*のほか、“止血”、“異物除去(窒息時)”の対処法を学びました。

 ダミー人形を使用して人工呼吸、胸骨圧迫、AEDによる電気ショックなどの心肺蘇生法を体験した参加者からは、「AEDの本来の役割が解った」、「いざという時に必ず役立つ」、「皆この講習を受けるべき」などの感想が寄せられ、その有用性が高く評価されました。

*一次救命処置
一次救命処置とは、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するための処置(胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法とAEDの使用)であり、救急隊や医師の治療を受けられるまでに、傷病者の命をつなぐ重要な処置である。

 SBSグループでは、勤務中に心疾患を発症した従業員が、AEDを使用した適切な救命処置によって一命を取りとめた事例が実際に発生しております。この出来事は、私たちに救急救命の重要性と救命講習の必要性を改めて考えさせ、意識を高めることとなりました。
 
 SBSグループは、今後もこの取り組みを通じて救命活動を啓発する輪を広げ、人命の尊さについて職場全体で意識共有する場づくりに努め、より安全な職場環境の実現にむけ、さまざまな課題に取り組んでまいります。
以 上

■ご参考
<SBSグループ概要>
持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ持株会社)
設立:1987年12月
代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
上場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
資本金:39億円 (2016年12月末現在)
売上高:1,490億円(2016年12月末現在、連結)
従業員数:13,841名 (うち正社員5,189名、2016年12月末現在、連結)
事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発、環境物流などの専門的な企業群を有しています。
グループ:連結子会社16社(2017年1月1日現在)
主要企業と主な事業
SBSロジコム(株)
総合物流、3PL
SBSフレイトサービス(株)
一般物流、路線事業
日本レコードセンター(株)
一般物流、3PL
SBSグローバルネットワーク(株)
国際物流
SBSフレック(株)
食品物流、3PL
SBSフレックネット(株)
食品物流
SBSゼンツウ(株)
食品物流、個人宅配
SBS即配サポート(株)
即日配送、廃棄物処理
SBS Logistics Singapore Pte. Ltd.
アジア地域統括、国際物流
SBSアセットマネジメント(株)
物流施設の開発、賃貸
SBSスタッフ(株)
人材派遣、職業紹介
SBSファイナンス(株)
リース、保険、共同購買
マーケティングパートナー(株)
マーケティング、通販事業
URL:日本語 http://www.sbs-group.co.jp 英語 http://www.sbs-group-ir.com
■本件に関するお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る