• トップ
  • リリース
  • 従来価格の1/3 3D技術を応用した新しい歯列矯正治療を開始。 3Dプリンターで患者さま個人個人の矯正装置を製作して治療を行うVR矯正

プレスリリース

六本木ベイリーズ歯科

従来価格の1/3 3D技術を応用した新しい歯列矯正治療を開始。 3Dプリンターで患者さま個人個人の矯正装置を製作して治療を行うVR矯正

(DreamNews) 2017年04月05日(水)13時00分配信 DreamNews

六本木ベイリーズ歯科(東京都港区 院長 荒木和彦)では以前より行っていた3Dハイブリッド矯正において患者さまの1本1本の歯の3Dデータから3D技術を用いて歯列矯正用の装置を製作して治療に用いることで裏側ワイヤーを用いた歯列矯正治療の料金を従来の1/3程度に引き下げ、かつ、正確な治療を可能にしたVR(Virtual Reconstruction)矯正を本年4月1日より開始いたしました。

六本木ベイリーズ歯科では以前より患者さまの口腔内の状態を3Dスキャナーで採得し、治療シミュレーションなどを行う「3Dハイブリッド矯正」を実施していました。
これは従来の歯列矯正とは違い、正確な3Dデータをコンピューターで解析した結果に基づいて治療を行うもので各種矯正装置の配置なども理想的に行え、歯に対する力の加え方も必要最小限となるため治療中の痛みや顎の骨のダメージも少なく、かつ治療期間も従来の治療法の半分程度で済むと言うものです。

今回、新型の3Dプリンターを応用し患者さまの1本1本の歯の形状にピッタリ適合する歯列矯正用の装置(ブラケット)を造形し、さらにそのブラケット(Nano Braket)をコンピューターでシミュレーションを行った通り正確に配置・接着する新しい治療法を開始いたしました

この技術VR矯正(Virtual Reconstruction Orthodontics)によって従来かなり高額であり、難しい技術を習得した専門医のみが行えた「裏側ワイヤー矯正」を安価(50万円〜)にかつ正確に行うことが可能となりました。

また、元々の「3Dハイブリッド矯正」のメリットもそのまま活かせるため
 ・安価
 ・治療期間が短い
 ・痛くない
 ・骨のダメージが少ない
 ・後戻りしにくい
と言う患者さまに優しい矯正治療となっております。

また、本年5月より一般歯科医向けにVR矯正を実施するための講習会も開始いたしますので全国の歯科医院でもこのVR矯正で歯列矯正を行うことができる様になります。

ご連絡先
〒106-0032
東京都港区六本木3−16−23 タウンコート六本木1F
六本木ベイリーズ歯科
03-6277-7064


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る