• トップ
  • リリース
  • アイティフォーのグループ会社ICRがJ1「サガン鳥栖(とす)」とスポンサー契約を締結 〜地域密着型企業として地域の活性化とスポーツ振興に貢献〜

プレスリリース

株式会社アイティフォー

アイティフォーのグループ会社ICRがJ1「サガン鳥栖(とす)」とスポンサー契約を締結 〜地域密着型企業として地域の活性化とスポーツ振興に貢献〜

(DreamNews) 2017年04月04日(火)13時00分配信 DreamNews

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)のグループ会社で、国民健康保険料や地方税の収納業務委託事業などを担っている株式会社アイ・シー・アール(愛知県名古屋市、代表取締役社長:今井 重好、以下ICR)が、佐賀県のJ1サッカークラブ「サガン鳥栖(とす)」と2012年シーズン以降6期連続でスポンサー契約を締結しましたのでお知らせします。

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)のグループ会社で、国民健康保険料や地方税の収納業務委託事業などを担っている株式会社アイ・シー・アール(愛知県名古屋市、代表取締役社長:今井 重好、以下ICR)が、佐賀県のJ1サッカークラブ「サガン鳥栖(とす)」とスポンサー契約を締結しましたのでお知らせします。サガン鳥栖は1997年に佐賀県鳥栖市をホームグラウンドとして創設されたプロサッカークラブです。同クラブは2011年にJ1へ昇格。2016年はJ1において14位の成績でした。ICRは佐賀県鹿島市でコールセンター業務を行っていることから地域密着型企業として2012年シーズン以降6期連続で今期も同クラブとのスポンサー契約を締結したものです。

◆契約内容:ピッチスポンサー
 ピッチ内のサイドスタンド(ゴール裏2列目)に「株式会社アイ・シー・アール」の社名看板を掲載(ピッチとはサッカーの試合を行う競技場のこと。フィールドとも呼ばれる)。

◆契約期間:
 2017年シーズン(2017年3月1日〜2018年2月28日)、今年で継続6年目

◆目的:
 佐賀県でコールセンターを運営する地域密着型企業としてサガン鳥栖の応援を通じ、地域の活性化とスポーツ振興に貢献するとともに、ピッチ内の看板に社名を露出することで、企業ブランドの価値向上につなげることを目的とする。

◆ご参考:Jリーグ 2016年 J1 順位表(全18チーム)
 1位:ヴィッセル神戸
 2位:鹿島アントラーズ
 3位:ガンバ大阪
 4位:浦和レッズ
 5位:FC東京
 6位:川崎フロンターレ
 7位:ベガルタ仙台
 8位:セレッソ大阪
 9位:横浜F・マリノス
 10位:ジュビロ磐田
 11位:ヴァンフォーレ甲府
 12位:柏レイソル
 13位:清水エスパルス
 14位:サガン鳥栖 ←

◆ご参考:URL
 サガン鳥栖 [公式] オフィシャルサイト https://www.sagan-tosu.net/
 株式会社アイ・シー・アール http://aicr.co.jp/


【報道機関からのお問い合わせ先】
広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail: kouhou_ml@itfor.co.jp

【株式会社アイティフォーの概要】
代表者:代表取締役社長 東川 清
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL: http://www.itfor.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る