• トップ
  • リリース
  • 【スマーテックマーケッツパブリッシング調査報告】金属粉末と付加製造(積層造形)のビジネスチャンス分析と10年間の市場予測

プレスリリース

株式会社データリソース

【スマーテックマーケッツパブリッシング調査報告】金属粉末と付加製造(積層造形)のビジネスチャンス分析と10年間の市場予測

(DreamNews) 2017年04月03日(月)16時00分配信 DreamNews

米国市場調査会社スマーテックマーケッツパブリッシングが、英文調査レポート「金属粉末と付加製造(積層造形) 2017年:ビジネスチャンス分析と10年間の市場予測」を2017年3月30日に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2017年3月30日発行

米国調査会社スマーテックマーケッツパブリッシング(SmarTech Markets Publishing)の調査レポート「金属粉末と付加製造(積層造形) 2017年:ビジネスチャンス分析と10年間の市場予測」は、成長する金属印刷の市場を継続的に調査している。前回の調査レポート以降に市場に登場した最新のプリンターや技術開発について分析している。昨年の成功企業と敗者についても記載している。

SmarTech Publishing’s 2017 report on metal powders for additive manufacturing will cover more metals than ever reflecting the growing palette of metal printing. We will also analyze the latest printers and technology developments that have emerges since our 2016 report on this topic. And we also take a look at who have been the winners and losers in the past year.

目次(抜粋)

 * 金属付加製造(積層造形)の市場概観
 * 金属付加製造(積層造形)技術とエンドユーザ
 * 金属付加製造(積層造形)のサプライチェーン
 * 金属付加製造(積層造形)の合金カテゴリー:ビジネスチャンスと用途
 * 金属粉末と付加製造(積層造形)技術の10年間予測


米国の調査会社スマーテックマーケッツパブリッシング(SmarTech Markets Publishing)の調査レポートとサービスは、M2Mやモノのインターネット (IoT) 、オートメーション、ロボット工学、デジタル製造/3D印刷などの企業/団体の意思決定者に必須の情報を提供しています。


■ 調査レポート ■

金属粉末と付加製造(積層造形) 2017年:ビジネスチャンス分析と10年間の市場予測
Additive Manufacturing with Metal Powders 2017: An Opportunity Analysis and Ten-Year Forecast
出版社:スマーテックマーケッツパブリッシング(米国)
出版年月:2017年3月30日
http://www.dri.co.jp/auto/report/smartech/smpammp.html

◆米国市場調査会社 スマーテックマーケッツパブリッシング(SmarTech Markets Publishing)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/smartech/index.html

株式会社データリソースはスマーテックマーケッツパブリッシングの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ     

スマーテックマーケッツパブリッシング 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る