• トップ
  • リリース
  • 【マインドコマース調査報告】人工知能(AI)とコグニティブコンピューティング

プレスリリース

株式会社データリソース

【マインドコマース調査報告】人工知能(AI)とコグニティブコンピューティング

(DreamNews) 2017年04月03日(月)13時00分配信 DreamNews

米国市場調査会社マインドコマースが、英文調査レポート「人工知能(AI)とコグニティブコンピューティング:通信、用途、コンテンツ、商取引の市場概観 2017-2022年」を2017年3月29日に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2017年3月29日発行

米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「人工知能(AI)とコグニティブコンピューティング:通信、用途、コンテンツ、商取引の市場概観 2017-2022年」は、AIのエコシステム、技術、ソリューション、市場概観について記載している。インターネット関連サービスや製品においてAIを活用する主要産業である金融サービス、医療、バイオインフォマティクス、製造業、通信業について調査している。マーケティングや事業の意思決定、職場の自動化、予測解析、不正検出、分類などの主要用途分野についても記載している。

This research assesses the AI ecosystem, technologies, solutions and market outlook. Key industry verticals covered include use of AI in Internet related services and products, Financial Services, Medical and Bio-informatics, Manufacturing, and Telecommunications. Some of the key application areas covered include Marketing and Business Decision Making, Workplace Automation, Predictive Analysis and Forecast, Fraud Detection and Classification.

目次(抜粋)

 * 人工知能(AI)の市場概観と定義
 * 国毎と企業毎の知的財産権のリーダーシップ
 * 人工知能(AI)の世界市場
 * 主要産業における人工知能(AI)
 * 主要市場セグメントにおける人工知能(AI)
 * 人工知能(AI)の主要な企業とソリューション


マインドコマース(Mind Commerce)は、ネットワークインフラ、Eコマース、オンラインコンテンツ、アプリケーションなど、有線と無線の両方の通信市場を広範かつ詳細に調査・分析を行ったレポートを数多く出版する米国の調査会社です。


■ 調査レポート ■

人工知能(AI)とコグニティブコンピューティング:通信、用途、コンテンツ、商取引の市場概観 2017-2022年
Artificial Intelligence and Cognitive Computing: Market Outlook for Communications, Applications, Content, and Commerce 2017 - 2022
出版年月:2017年3月29日
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/mcaicc.html

◆米国市場調査会社 マインドコマース(Mind Commerce)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/mindc/index.html

株式会社データリソースは、マインドコマースの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

マインドコマース 日本正規販売代理店

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る