• トップ
  • リリース
  • 日本初上陸!パリで人気急上昇中のこだわり素材とデザインのレザーバッグブランドRoseMarySuzyが2017 Summer Collectionより発売開始。

プレスリリース

有限会社ジャニス(英文社名:JANIS,INC.)

日本初上陸!パリで人気急上昇中のこだわり素材とデザインのレザーバッグブランドRoseMarySuzyが2017 Summer Collectionより発売開始。

(DreamNews) 2017年04月03日(月)10時30分配信 DreamNews

アパレルブランドの輸入販売を行うジャニスが、パリ発のバッグブランド、RoseMarySuzy(ローズマリースージー)の正規輸入販売店となり、2017 Summer Collectionより販売をスタートさせます。 高いデザイン性と伝統的な手法で作られる素材を融合した上質なバッグは、フランスの有名雑誌ELLE,MARIE CLAIRE maison, GRAZIA,tooなどでも掲載されています。

2017年4月3日
報道関係各位

この度、有限会社ジャニスはパリ発のハンドバッグブランド、RoseMarySuzy(ローズマリースージー)の日本における正規輸入販売店として、全国のセレクトショップに向け販売を開始します。

RoseMarySuzy(ローズマリースージー)は、2013年フランス、パリでデザイナー、マリン・ライバスが創設したブランド。マリン・ライバスはプレタポルテブランドのインハウスデザイナーとして10年の経験を持ちます。

現在、フランスを中心に、ヨーロッパ、アジアでの販売を展開しており、売上は2014年〜2015年にかけて3.5倍、2015年〜2016年にかけて2倍という急成長を遂げています。また、取扱店舗数もパリを中心に40店舗を超えるまでに成長し、フランスのELLE,MARIE CLAIRE maison, GRAZIA,tooなど有名メディアでも多数紹介されています。

パリの空気を感じさせるエレガントなデザインでいて、ビビッドな差し色やタッセル、フリンジ、パイソンやレオパードといったスパイスの効いたディティールが特徴。派手ではないけれど、人とは一味違ったアイテムを求めるファッショニスタにはたまらないラインナップとなっています。
また、その素材は伝統的な製法で作られるフレンチレザーとイタリアンレザーを使用するというこだわりも。そのレザーの加工も常に新しい手法を取り入れ、日々進化しています。

機能面でも、裏地にもプリントを施し、クロージャーやポケットなども使いやすく便利なものを採用。仕事にプライベートに、そしておしゃれに忙しい現代の女性には、時短コーデのキーアイテムとしてピッタリのブランドだと言えます。

ブランド全体的なターゲット層は25〜40歳ですが、アイテムによっては25〜35歳、25〜55歳のものもあり、それぞれのアイテムが特徴的であること、ブランドが全体として広い顧客層に受け入れられていることを示しています。

「ちょっと気の利いたおしゃれ」を楽しみたい女性にうけること間違い無しのブランドです。
2017 Summer Collectionより全国のセレクトショップへ販売を開始します。

【RoseMarySuzyの仕入れに関する小売店向け専用ページ】
●Wholesale専用ページ
https://buyer-showcase.com/index.php/marketplace/seller/collection/sellerid/278
●Wholesale受付開始日
2017年4月3日〜
●2017 SUMMER RoseMarySuzy LOOKBOOKはこちら
http://freetrente.com/RMS_lookbook-SUMMER17.pdf

☆全国各地の小売店にサンプルを貸し出しします。
☆上記のWEBページより最新のコレクション情報をいち早くご覧頂けます。

【運営会社情報】
企業名:有限会社ジャニス(英文社名:JANIS,INC.)
創業:1977年8月
設立:1986年5月
資本金:8,000,000円

▼事業内容
アパレル・ファッション雑貨の輸入販売事業
個人向け貿易コンサルティング事業
オンライン翻訳サービス事業

本件に関するお問合せ:wholesale【@】freetrente.com
※メールにてご連絡の際は、【】を外してからお送りください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る