• トップ
  • リリース
  • TPCマーケティングリサーチ(株)、要介護予備軍の栄養実態と食品ニーズについて調査結果を発表

プレスリリース

TPCマーケティングリサーチ株式会社

TPCマーケティングリサーチ(株)、要介護予備軍の栄養実態と食品ニーズについて調査結果を発表

(DreamNews) 2017年03月31日(金)17時30分配信 DreamNews

今回、65歳以上の要介護予備軍の高齢者と同居する家族を対象に、要介護予備軍の栄養状態や栄養強化食品の利用状況に関するアンケート調査を実施。その結果、要介護予備軍に栄養強化食品を「利用したい」とした人は27.6%となった。今後の需要拡大にあたっては(1)高齢者の低栄養問題及び栄養強化食品の啓蒙活動、(2)栄養不足の問題を抱える要介護予備軍へのアプローチ強化による潜在需要の掘り起こしがポイントとなる。


概要
◆今回、要支援・要介護状態になる恐れの高い65歳以上の高齢者(以下、要介護予備軍とする)と同居する家族616名を対象に、要介護予備軍の栄養状態や栄養強化食品の利用状況に関するアンケート調査を実施した。その結果、今後、要介護予備軍に栄養強化食品を「利用したい」とした人は27.6%となった。

◆今後の需要拡大にあたっては、現状、利用意向を示していない(どちらともいえない)人の“潜在需要の掘り起こし”が重要である。その際の具体的な需要開拓ポイントとしては、(1)高齢者の低栄養問題及び栄養強化食品の啓蒙活動、(2)栄養不足の問題を抱える要介護予備軍へのアプローチ強化が挙げられる。

◆商品面では、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄分」を強化した商品を求める人が多い。このため、今後は、これらの栄養成分を訴求した栄養強化食品の開発が求められる。種類別では、栄養機能を強化した「スープ」「ゼリー」「みそ汁」を利用したいとする人が多く、こうした商品を開発することが需要拡大につながると考えられる。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:要支援・要介護状態になる恐れの高い65歳以上の高齢者(要介護予備軍)と同居している家族616名

【調査内容】
1.要介護予備軍の食事・生活実態
2.低栄養(栄養不足)の実態
3.栄養強化食品の利用実態
4.栄養強化食品の商品評価
5.今後の栄養強化食品の利用意向

TPCコンシューマーレポートNo.238
「要介護予備軍の栄養実態と食品ニーズを探る」
―新規需要の開拓には“潜在需要の取り込み”が不可欠!―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr110170338
資料体裁:A4判カラーコピー製本+CD-ROM版
発 刊 日:2017年3月30日
頒   価:360,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社(旧 株式会社総合企画センター大阪)
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
Webサイト:http://tpc-cop.co.jp/ フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る