• トップ
  • リリース
  • MSI、低価格化を図ったIntel Z270 GAMINGマザーボード「Z270 GAMING PLUS」を発売

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、低価格化を図ったIntel Z270 GAMINGマザーボード「Z270 GAMING PLUS」を発売

(DreamNews) 2017年03月31日(金)14時00分配信 DreamNews

MSIは、第7世代Intel Coreプロセッサに対応したIntel Z270チップセットを採用するATXマザーボードのラインナップに、機能を絞り込むことで低価格化を図った「Z270 GAMING PLUS」を追加し、4月1日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、17,480円です。

2017年3月31日-Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市- マザーボードの設計で世界をリードするMicro-Star International(MSI)は、第7世代Intel Coreプロセッサに対応したIntel Z270チップセットを採用するATXマザーボードのラインナップに、機能を絞り込むことで低価格化を図った「Z270 GAMING PLUS」を追加し、4月1日に発売いたします。市場想定価格(税別)は、17,480円です。


本製品は、幅広いゲームに対応できるPerformance GAMINGシリーズのミドルレンジモデルにあたり、拡張性をチップセットやCPUの機能をベースとしたものに絞り込むとともに、基板背面に赤色LEDを搭載する一方で、Mystic Lightなどの機能を省くことなどによって、低価格化を実現いたしました。

■スタジオクラスの高品質を実現するAudio Boost
オーディオ回路を他の回路と分離・独立させるだけでなく、高品質コンポーネントを採用することでスタジオクラスの高音質を実現するAudio Boost機能を搭載。コンデンサにはオーディオ機器でも採用される高品質コンポーネントを採用し、クリアなサウンドを実現。すぐれた音場再現性は、ゲームフィールドの敵をいち早く察知するのにも役立ちます。

■高性能と安定性を両立するDDR4 Boost
回路パターンを最適化し、メモリ回路をほかのコンポーネントから完全に独立させることで、最高の安定性とパフォーマンスを両立。ゲームのFPSを少しでも高めるべく、Ryzenシリーズと組み合わせ、メモリオーバークロックにも柔軟にに対応できます。

■ゲーム帯域制御も可能なIntel GAMING LAN
ギガビットLANコントローラにはIntel I219-Vを採用することで、安定性にすぐれ、かつレイテンシの低い接続を実現。さらに、IntelとMSIが共同開発したMSI GAMING LAN MANAGERにより、ゲームに優先的に帯域を割り振ることも可能です。さらに、LANポートには落雷などの電気的ダメージから回路を守るLAN PROTECTを装備し、最大15kVのサージをサポートします。

本製品の仕様は以下のとおりです。

【製品仕様】


【製品情報】
Z270 GAMING PLUS
https://jp.msi.com/Motherboard/Z270-GAMING-PLUS.html

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/

□報道関係者さまからのお問い合わせ先
 HaNaRe PR Group
 E-mail : press@hanare-pr.jp


MSIについて
2016年にMSIはイノベーションと成果に満ちた設立30周年を迎えました。
1986年に発表した初のMSI製オーバークロッキングマザーボードと、2007年に発表した世界初のターボゲーミングノートブックPCは、IT業界に大きな波紋を広げました。Top Player, Top Choiceの精神に導かれ、MSI GAMINGシリーズはその優れた技術によりゲーマーにとっての勝利の武器となり、彼らを世界の舞台で輝かせています。
大小を問わず、MSIの技術による高性能ゲーミングへの関与は、世界のゲーマーに伝わり、MSIをゲーム業界における世界的トップブランドにしています。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る