• トップ
  • リリース
  • 中国での中古スマートフォン下取流通事業を3社協業で本格開始 〜aisidi(中国)、Blancco Technology Group(米国)と〜

プレスリリース

株式会社オークネット

中国での中古スマートフォン下取流通事業を3社協業で本格開始 〜aisidi(中国)、Blancco Technology Group(米国)と〜

(DreamNews) 2017年03月30日(木)15時30分配信 DreamNews

情報流通支援サービスの株式会社オークネットは、本日3月30日、中国・深証券取引所上場のスマートフォン端末販売代理大手である深市愛施徳股有限公司、ロンドンAIM市場上場のデータ消去及び端末診断のグローバルリーダーであるBlancco Technology Groupと3社協業で、中国国内で中古スマートフォンの下取流通事業を本格開始いたしました。


 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、本日3月30日、中国・深証券取引所上場のスマートフォン端末販売代理大手である深市愛施徳股有限公司(本社:中国深市、董事長:黄文輝*1、以下「aisidi*2」)、ロンドンAIM市場上場のデータ消去及び端末診断のグローバルリーダーであるBlancco Technology Group*3(本社:米国ジョージア州、CEO:Patrick Clawson*4、以下「BTG」)と3社協業で、中国国内で中古スマートフォンの下取流通事業を本格開始いたしました。
*1黄文輝:ホワンウェンホイ
*2 aisidi:アイシーディー
*3 Blancco Technology Group:ブランコ・テクノロジー・グループ
*4 Patrick Clawson:パトリック・クローソン


■中国のスマートフォン市場概況
 中国におけるスマートフォン市場は、2010年頃より急速に拡大しており、現在日本の10倍以上の市場規模と言われています。その一方で、個人情報保護の制度や中古端末下取流通が市場に追いついていないことが課題となっており、安心・安全な市場の整備が急務となっています。
<日中スマートフォン出荷台数比較>
 2016年の日本の年間スマートフォン出荷数    : 2,920万台(※1)
 2017年1月単月の中国の「月間」スマートフォン出荷数 : 4,503万台(※2)
 ※1 出典:IDC JAPAN
 ※2 出典:中国信息通信研究院
<中古端末流通市場の課題>
 ・世界各国と比べて個人情報保護が必ずしも十分に進んでいないと言われている
 ・一方でスマートフォンでの個人間コミュニケーションや電子決済が急速かつ広範に進展中
 ・近年中古端末下取流通が始まり、下取サービスが乱立気味。下取価格が異常に低かったり、
  個人情報の安全性が必ずしも保証されておらず、トラブルも多く発生している



■3社協業で中国で安心・安全な中古スマートフォン下取流通サービスを構築
 上述のような中国のスマートフォン市場で、3社は中古端末の下取流通サービスの消費者向けブランド「CooDoo(酷兜)*5」を立上げ、以下の3社それぞれの強みを活かし、中国市場で最も安全で信頼できる中古端末下取サービスを構築、提供して参ります。
<3社の強み>
社名       特徴
aisidi       戦略パートナーとしてChaina Mobile、China Telecom、Chaina Unicomの中国三大キャリアと
         密接な関係、中国全土に20,000店舗以上の販売代理店ネットワークと物流網、
         デジタル製品販売・通信の総合サービス会社として消費者のブランド認知を持つ
BTG       世界各国の政府機関やデジタル製品業界で数多く認定を受けたデータ消去・端末診断の
         グローバルスタンダード
オークネット   10年以上に渡る中古デジタル製品のB2Bオークション流通の経験・ノウハウ、グローバルで
         質が高いバイヤー網を持つ

 また、アメリカ大手下取り会社のRecellular*6による調査では、1億台の中古携帯端末には、銅が1,600トン、銀が35トン、金が3.4トン、パラジウムが1.5トン含まれるという試算結果が出ております。3社は中古端末の下取流通の推進を通じ、資源の有効活用による環境・社会への貢献も目指しております。

 オークネットは中古デジタル端末のB2B流通を牽引する業界の先駆者として、2005年より中古デジタル機器の徹底した検査及びデータ消去を行い、安心・安全な商品の流通に長年取り組んで参りました。ここ数年では特に中古スマートフォンの流通量が拡大しております。今後とも日本、中国を始めとするアジア市場での中古スマートフォンの流通事業の拡大に努めて参ります。
*5 CooDoo(酷兜):クゥードゥー
*6 Recellular:リセルラー


<aisidiについて>
aisidiは1998年6月に創立、2010年5月28日に中国深証券取引場に上場。
中国三大キャリアであるChina Mobile,China Telecom,China Unicomのそれぞれの戦略パートナーとして各キャリアの端末を販売しています。中国全土に26支店を持ち、全31省に渡り20,000店舗以上の販売代理店ネットワークを有し、2015年度のスマートフォン総販売台数は2,400万台強に上ります。端末販売にとどまらず、創立来、モバイル端末製品、デジタル製品、通信サービス、モバイルインターネット、ファイナンスなどの分野において事業を開拓してきました。現在スマートデバイス、インターネット、モバイル製品販売、ファイナンスサービスを主要事業として展開し、「中国国内で最も企業価値の高い総合チャンネルサービス会社」を目指しています。
創立来約20年を経て、中国の携帯端末販売事業者を代表する主要ディストリビューターに成長、「Fortune誌」の「中国を代表する企業500」に選定された他、「中国民間企業TOP500社」、「中国企業TOP 500社」、「中国民営サービス企業TOP 100社」にも選ばれています。

<BTGについて>
1997年にフィンランドでBlancco Oy Ltd.として設立以来、世界各国に拠点を広げ、各国の企業や政府機関向けにデータ消去ソリューションを提供してきました。現在では「Blancco Technology Group plc」として再編され、機器診断ソリューションもサービスメニューに加え、本社を米国ジョージア州に置きロンドン証券取引所AIM市場に上場するグローバル企業に成長しています。これまでのデータ消去ソフトのライセンス出荷数は、全世界1億ライセンス、国内2,000万ライセンス以上を誇り、データ消去ソフトのスタンダードとして100カ国以上で利用されています。BTGはデータ消去のグローバルリーダーとして、企業ユーザーの信頼を得るべく「Certified Data Erasure」を掲げ、ISO15408※の国際認証による開発体制、製品の安全性評価をはじめ、各国政府機関からの製品認定も多く取得しています。
※ISO15408:情報セキュリティの国際評価基準


【会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107-8349)
代表者:代表取締役社長 藤崎清孝
創業年月日:1985年6月29日
資本金等:58億400万円 (2017年1月1日現在)
連結売上高:199億円 (2016年12月期)
連結従業員数:583名 (2017年1月31日現在)
株式:東証一部上場 (証券コード:3964)


■本件に関するお問い合わせ  --------------------
株式会社オークネット 総合企画室 土屋、吉岡、鹿島
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る