• トップ
  • リリース
  • 「スマート農業と畜産養殖の世界市場:2022年に至る農業セグメント別、製品タイプ別予測」最新調査リリース

プレスリリース

リサーチステーション合同会社

「スマート農業と畜産養殖の世界市場:2022年に至る農業セグメント別、製品タイプ別予測」最新調査リリース

(DreamNews) 2017年03月30日(木)11時00分配信 DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「スマート農業と畜産養殖の世界市場:2022年に至る農業セグメント別、製品タイプ別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
スマート農業および畜産養殖の世界市場規模は2016年段階の51億8000万ドルから、今後2022年には倍増以上となる112億3000万ドル市場にまで拡大すると当レポートでは予測しています。関連技術の農業分野における用途の広がり、政策的な支援、世界的な食料需要の増加などは市場促進要因といえるでしょう。
レポートでは、2022年に至るスマート農業と畜産養殖の世界市場予測(市場規模US$)、農業セグメント別市場(精密農業、畜産モニタリング、水産養殖、スマート温室、その他)、製品タイプ別市場(ハードウェア全27種/農業タイプ別、ソフトウェア各種、サービス各種)、用途別市場(農業タイプ別に全24用途、収量モニタリング、灌漑管理、給餌管理、天候監視、魚トラッキング等)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データおよび分析を掲載しています。さらに市場考察、競合状況、主要メーカー企業動向などの情報も盛り込み、スマート農業と畜産養殖市場の現在および今後予測を検証していきます。

【英文市場調査レポート】
スマート農業と畜産養殖の世界市場:2022年に至る農業セグメント別、製品タイプ別予測
Smart Agriculture Market by Agriculture Type (Precision Farming, Livestock Monitoring, Fish Farming, Smart Greenhouse), Hardware (GPS, Drones, Sensors, RFID, LED Grow Lights), Software, Services, Application, and Geography - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Smart_Agriculture_2022_MAM502.html

【レポート構成概要】
◆ スマート農業と畜産養殖の世界市場予測2014-2022年
・市場規模(US$)

◆ 農業セグメント別、市場-2022年
・精密農業
・畜産モニタリング
・水産養殖
・スマート温室(smart greenhouse)
・その他(蘭、林業、園芸)
※(市場規模US$)

◆ 製品タイプ別、市場-2022年
[ハードウェア市場]
<精密農業向けハードウェア>
・オートメーションおよび制御システム
 -ディスプレイ
 -ガイダンス、ステアリング
 -GPS、GNSSシステム
 -ドローン、無人航空機(UAV)
 -ハンドヘルドモバイル端末、ハンドヘルドコンピュータ
 -フローおよびアプリケーション制御機器
 -その他

・センシング/モニタリングデバイス
-収量モニタ
-土壌センサ
-水センサ
-気候センサ
-その他

<畜産モニタリング向けハードウェア>
・RFIDタグ、リーダー
・センサ
・トランスミッタ、取り付け機器
・GPS装置
・その他

<水産養殖向けハードウェア>
・GPS、GNSS
・センサ
・その他

<スマート温室向けハードウェア>
・HVACシステム
・LEDグローライト
・センサ
・その他

<その他農業向けハードウェア>

[ソフトウェア市場]
・ローカルソフト、ウェブベース
・クラウドベース
-Software as a service (SaaS)
-Platform as a service (PaaS)

[サービス市場]
・システムインテグレーション 、コンサルティング
・マネージドサービス
-農場オペレーションサービス
-データサービス
-分析
・接続サービス
・専門支援サービス
-サプライチェーン管理サービス
-気象情報サービス
-その他
・メンテナンス、サポート

※(市場規模US$)

◆ 用途別、市場-2022年
<精密農業、用途別>
・収量モニタリング
・フィールドマッピング
・作物スカウト
・天候監視、予測
・灌漑管理
・在庫管理
・農場労働管理
・財務管理
・その他

<畜産モニタリング、用途別>
・給餌管理
・熱ストレス管理
・搾乳
・繁殖管理
・アニマルコンフォート管理
・行動監視/管理
・その他

<水産養殖、用途別>
・魚トラッキング、フリートナビゲーション
・給餌管理
・水質管理
・その他(リバーマッピング、サイト調査、繁殖管理)

スマート温室
・HVAC管理
・収量モニタリング
・水/肥料管理

その他用途(蘭、林業、園芸)

※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米

<欧州>
・ドイツ、英国、フランス
・イタリア、オランダ
・その他欧州

<アジア太平洋>
・日本、中国、オーストラリア
・インド、韓国
・その他アジア太平洋

<その他地域>
・アフリカ
・中東
・ロシア
※ 地域レベルでセグメント市場の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※ (市場規模US$)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・競合状況

◆ スマート農業と畜産養殖の主要企業プロフィール動向
・DEERE & COMPANY
・TRIMBLE, INC.
・RAVEN INDUSTRIES
・AGJUNCTION, INC.
・AGCO CORPORATION
・THE CLIMATE CORPORATION
・AG LEADER TECHNOLOGY
・PRECISION PLANTING, INC.
・SST DEVELOPMENT GROUP, INC.
・TOPCON POSITIONING SYSTEMS, INC.
・SEMIOSBIO TECHNOLOGIES INC.
・DELAVAL CORPORATION
・GEA GROUP AG
・BOUMATIC LLC.

(キーイノベーター企業)
・FARMERON
・AURURAS S.R.L
・GROWNETICS INC.
・FARMER AT HAND

(全212頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Smart_Agriculture_2022_MAM502.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年3月29日

★関連レポート
「農業ロボットの世界市場」
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Agricultural_Robots_2022_MAM492.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る