• トップ
  • リリース
  • 株式会社JR西日本コミュニケーションズと株式会社神戸デジタル・ラボ 両社の強みを融合した、セキュアなソリューションサービスを提供開始

プレスリリース

株式会社神戸デジタル・ラボ

株式会社JR西日本コミュニケーションズと株式会社神戸デジタル・ラボ 両社の強みを融合した、セキュアなソリューションサービスを提供開始

(DreamNews) 2017年03月30日(木)14時00分配信 DreamNews

このたび、株式会社JR西日本コミュニケーションズと、株式会社神戸デジタル・ラボは、情報セキュリティ対策の強化に向け、それぞれの強みを生かした新たなソリューションサービスを共同で提供することとし、4月1日より業務提携する運びとなりました。

このたび、株式会社JR西日本コミュニケーションズ(本社:大阪市北区 代表取締役 社長:山本 章義 以下、Jコミ)と、株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区 代表取締役社長:永吉 一郎 以下、KDL)は、情報セキュリティ対策の強化に向け、それぞれの強みを生かした新たなソリューションサービスを共同で提供することとし、4月1日より業務提携する運びとなりました。

■業務提携の背景と目的
現在、情報セキュリティに関するニュースを耳にしない日はないというほど、企業を取り巻く脅威は増加の一途をたどっています。国からのガイドラインも整備されつつありますが、社会的ニーズは日々高まりを見せています。広告業界においても発表前のデータや依頼主の個人情報など機密情報を扱う機会は多く、その重要性は増すばかりです。

そこで、広告業界のノウハウと情報セキュリティという両社の強みを生かした新たなサービスを提供することで、よりセキュアに、より効果的なプロモーションを提案いたします。

■今後の展開
Jコミの強みである様々な広告主様へのソリューション提案力と、KDLの強みである情報セキュリティサービス「Proactive Defense(プロアクティブディフェンス)」を組み合わせ、以下の通り、企業の情報セキュリティに対する取り組みを加速させます。

(1) 広告主様が現在運用しているWebサイトに対して、現状の安全性を把握するために「脆弱性診断」を行い、脆弱性への対応策を提案します。更に、その後も定期的なセキュリティ運用を支援します。
(2) 広告主様が今後運用するWebサイトに対して、セキュリティ要件を考慮した開発プロセスを導入し、より安全なデジタルコンテンツを制作します。

これらの取り組みがお客様企業への安心を提供し、最終的にはプロモーション事業としても効果を期待するものです。


【業務内容】
株式会社神戸デジタル・ラボ
情報セキュリティ事業やWEB事業、先端技術の研究開発などを併せ持つシステム開発ベンダーです。創立以来培ってきたノウハウをもとに企業のITを「創・攻・守」の側面からトータルサポートしています。

JR西日本コミュニケーションズ
JR西日本の広告を担うハウスエージェンシー機能、JR西日本のメディアを開発・運用していく交通媒体機能、様々なクライアントの問題解決をしていく広告代理店機能、これら3つのセクションの個性や能力を掛け合わせ、あらゆるコミュニケーションプランを提供します。

【企業概要】
社名:株式会社神戸デジタル・ラボ
設立:1995年10月
所在地:(神戸本社)〒650-0034 神戸市中央区今日町72番地 新クレセントビル
   (東京オフィス)〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 ヒューマックス恵比寿ビル
事業内容:情報セキュリティサービス、WebプロモーションITコンサルティングサービス
資本金:2億995万円
URL:http://www.kdl.co.jp

社名:株式会社JR西日本コミュニケーションズ
設立:1979年4月
所在地:〒530-0003 大阪市北区堂島1丁目6番20号 堂島アバンザ
事業内容:交通広告・マスメディア広告・インターネット広告等の企画・提案、マーケティング・リサーチ、メディアプランニング、セールスプロモーション
資本金:2億円
URL:http://www.jcomm.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当 :セキュリティソリューション事業部 三木 苦木(にがき)
TEL :078-335-5695 (代表 078-327-2280) E-mail :info@proactivedefense.jp

株式会社JR西日本コミュニケーションズ
担当  :営業企画部 中嶌
TEL  :06-6344-5604 (代表 06-6344-5138)


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る