• トップ
  • リリース
  • Microchip、先進のギガビットEthernet製品群でユーザの設計を支援

プレスリリース

マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社

Microchip、先進のギガビットEthernet製品群でユーザの設計を支援

(DreamNews) 2017年03月27日(月)12時00分配信 DreamNews

業界初のフォルト トレラントEthernetスイッチ等、認証取得済み製品とツールを幅広く取り揃えたGigEpack

[NASDAQ: MCHP] - マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであるMicrochip Technology Inc.(日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、先進の機能、認証済みの相互運用性、充実したソフトウェア サポート、簡単に設計転用可能な評価用ツールを特長とするギガビットEthernetデバイス48製品を発表しました。GigEpackと名付けられたこれらの製品群は高速ネットワークの導入に伴う複雑さと障壁を解消する事を目的としており、新しい用途と応用を創出します。GigEpackには業界で初めて冗長プロトコルHSR/DLRをワンチップに統合したギガビットEthernetスイッチが含まれ、要求の厳しい製造業向けアプリケーションできわめて高い信頼性を実現します。また業界初の、車載に対応したUSB 3.1 Gen1からギガビットEhernetへのブリッジデバイスも含まれ、各種物理ネットワーク層で先進運転支援システム(ADAS)とインフォテインメント システムをサポートします。
産業用、車載、コンシューマ分野への応用を想定したGigEpackの幅広い製品群は、使いやすさを高めて市場投入までの期間を短縮する3つの重要な要素を備えています。まず、GigEpackの製品は全てUNH-IOL (University of New Hampshire InterOperability Laboratory)認証を取得済みです。次に、全ての製品に無償ソフトウェア ドライバが付属します。これらのドライバは、簡単に転用できるスマート設計の評価用ボードで全主要オペレーティング システムとの互換性が認証済みか、サードパーティにより確認済みです。さらに、GigEpack製品はMicrochip社が無償で提供するLANCheck(R)オンライン設計サービスでサポートされるため、回路設計がベスト プラクティスに基づいている事を確認できます。
「GigEpackの発表により、Microchip社は高信頼性ギガビットEthernet製品の包括的なプラットフォームを提供できるようになりました」とMicrochip社USBおよびネットワーク製品部門副社長のMitch Obolskyは述べています。「Microchip社の目標はこれらの製品を入手しやすく、設計しやすくする事です。Microchip社の製品、ドライバ、開発/評価用ボード、関連文書には、製品ウェブページからだれでもアクセスできます。」
GigEpackは3つの製品ファミリで構成されています。KSZ9477/9567/9897スイッチファミリは冗長プロトコルHSR/DLRおよびAVB (Audio/Video Bridging)によるオーディオおよびビデオの転送をサポートし、超高信頼性ネットワークの構築を可能にします。例えばKSZ9567スイッチは7つのポートとSGMIIインターフェイスを備え、EtherSynch(R)テクノロジによりリアルタイムEthernet、IEEE 1588 v2 PTP (Precision Time Protocol)、AVB、TSN (Time Sensitive Networking)をサポートします。LAN7800/LAN7850/LAN7801ブリッジファミリを使うと、USB 3.1 Gen 1、USB 2.0、HSIC (High Speed Inter-Chip)ブリッジを介して組み込みプロセッサにギガビットEthernetを追加し、RGMII経由で1000Base-T、100Base-T1、HDBaseT等の各種物理層に接続できます。これら2つのファミリに加え、Microchip社の既発製品であるKSZ9031ギガビットPHYファミリが車載グレードの堅牢性と優れた省電力性を実現します。
Microchip社のGigEpack Gigabit Ethernet製品の詳細はhttp://www.microchip.com/GigEpackを参照してください。

在庫/供給状況
GigEpack全製品は本日よりサンプル出荷と量産出荷を開始いたします。KSZ9477/9567/9897スイッチはTQFPパッケージで提供いたします。LAN7800/7850/7801はQFNパッケージで提供いたします。KSZ9031 PHYはQFNパッケージで提供いたします。

詳細はMicrochip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、リニューアルしてPCからもモバイル端末からも操作しやすくなったmicrochipDIRECTにアクセスするか、Microchip社の正規販売代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください(掲載に許可は不要です)。
PR画像:http://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/33033378512/sizes/l

Microchip社について
Microchip社(NASDAQ:MCHP)は、マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであり、全世界で数千を超える各種アプリケーションで、低リスクの製品開発、総システムコストの削減、迅速な商品化の実現に貢献しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社のウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。


詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る