• トップ
  • リリース
  • 武蔵コーポレーション、経費管理基盤にConcur Expense Standardを採用

プレスリリース

株式会社コンカー

武蔵コーポレーション、経費管理基盤にConcur Expense Standardを採用

(DreamNews) 2017年03月27日(月)14時00分配信 DreamNews

〜中小企業庁のIT導入補助金制度を活用した初のコンカー製品導入事例、従業員の生産性向上を支援、経費精算から働き方改革を実現〜

出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村 真宗、以下コンカー)は、収益用不動産の売買、仲介、賃貸管理を行う資産運用会社である武蔵コーポレーション株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:大谷 義武、以下武蔵コーポレーション)が経済産業省・中小企業庁の「サービス等生産性向上 IT 導入支援事業」におけるIT導入補助金を活用し、経費管理基盤にConcur Expense Standardを採用したことを発表します。

武蔵コーポレーションは個人向け資産運用事業を展開しており、不動産売買から資産形成・保全までをトータルに手掛け、売上は過去5年間で約3倍と事業規模が急拡大しています。それに伴い従業員が急増するなか、経費精算処理における財務会計部および外出の多い営業職の負担が増大し、両部門の働き方改革が求められていました。特にグループウェア、ワークフローツール、エクセルを用いた経費精算処理は、財務会計部の集計、規程チェック、承認作業を増加させる傾向にありました。また、持たざる経営を実践するため、IT部門の働き方改革を視野に入れ、システムを自社で持つ必要のない、クラウドサービスの採用を検討していました。

この度、武蔵コーポレーションは従業員約100名の経費精算業務を支援する経費管理基盤として、中小企業向けサービスConcur Expense Standardを採用、2017年5月に本番稼働を予定しています。Concur Expense Standardの利用により、経費精算データが自動的に集約、規定チェックが自動化され、財務会計部の承認・管理業務が軽減されます。またモバイルを使って外出先から経費精算ができるほか、交通系ICカードの使用履歴の読み取りなど、経費精算業務の効率化を図ることで、営業職の生産性向上を実現します。さらに、クラウドサービスのため、システム導入・運用負荷が軽減されることで、IT部門の作業効率化も目指します。なお、経済産業省が進めるIT導入補助金制度を活用することで、運用費用の2/3がIT導入補助金として支払われます。

コンカーの代表取締役社長である三村 真宗は、次のように述べています。
「この度、武蔵コーポレーションの経費管理基盤としてConcur Expense Standardが採用されたことを喜ばしく思います。働き方改革が国策として進展する中、IT導入補助金は、労働生産性向上に取り組む中小企業のIT投資を加速する起爆剤になると考えています。今後も本制度を活用し中小企業の市場競争力強化、経営力向上に貢献していきたいと思います」

武蔵コーポレーションの大谷 義武 代表取締役は、次のように述べています。
「当社は個人向け資産運用に対するお客様からの関心の高まりを受け、ビジネスが急速に拡大しています。これに伴い従業員数が増え、営業職の外出の頻度も高くなり、会社全体の経費精算業務の負担が増加していることが課題となっていました。この度、IT導入補助金制度の活用により課題であった経費精算業務の軽減をConcur Expense Standardで実現することで、従業員の働き方改革を推進するとともに、よりお客様への価値創造に貢献できると考えています」

<IT補助金の概要>
・対象者:日本国内に本社及び事業所を有する中小企業等

(参考URL:http://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html
・対象範囲:ソフトウェア、サービス導入費
・補助率:2/3以内
・補助金額:下限額 20万円〜上限額 100万円(1事業者あたり)
・ 一次公募期間:〜2017年6月30日(金)
詳しくはサービス等生産性向上 IT 導入支援事業 IT補助金のホームページでご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/

■ 対象製品
・経費精算:Concur Expense
・請求書管理:Concur Invoice
・事前申請:Concur Request
※今後も対象製品を追加していく予定です

■中小企業庁主催イベント出展のお知らせ
中小企業・小規模事業者におけるIT導入や利活用を支援するため、下記イベントへ出展を予定しております (北海道会場を除く)。
・イベント名:IT導入で商売繁盛!プラスITフェア
 http://www.it-fair.go.jp/
・主催:中小企業庁・経済産業局
・開催場所:全国10ブロック/各1会場(北海道・東北・関東・中部・北陸・近畿・中国・四国・九州・沖縄)
・開催期間:2017年3月〜4月の期間(各会場1日間)
・参加費:無料
・お問い合わせ:プラスITフェア事務局
 E-mail: plusit@links-ad.com
 TEL: 03-3431-5088

■株式会社コンカーについて
企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月に設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』、『Concur Travel』、『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細についてはhttps://www.concur.co.jpをご覧ください。

■Concurについて
SAPグループ企業のConcurは、20年以上にわたり、出張、経費、請求書、コンプライアンス、そしてリスクなどの間接費に関するすべての管理を自動化することで、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。コンカーの世界標準の知見と業界トップのイノベーションは、多種多様なパートナーとアプリケーションのエコシステム、従業員のムダな時間削減を支援するソリューションや最先端の技術、そして包括的な出張・経費データの活用を通じ、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。ユーザーフレンドリーですぐにビジネスに活用できるコンカーのソリューションは、ビジネス課題の複雑性を低減、間接費の可視化を促進することで、企業に強力な洞察力を与え、積極的な間接費管理を実現します。詳細はhttps://www.concur.comまたはコンカーブログをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先:
株式会社コンカー マーケティング部
電話:03-4570-4600




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る