• トップ
  • リリース
  • 数十万台規模のデジタルサイネージ端末へのコンテンツ配信をマウスの簡単操作のみで可能にする画期的な新機能「SCMS」をソフネットジャパン株式会社が4月17日リリース!

プレスリリース

ソフネットジャパン株式会社

数十万台規模のデジタルサイネージ端末へのコンテンツ配信をマウスの簡単操作のみで可能にする画期的な新機能「SCMS」をソフネットジャパン株式会社が4月17日リリース!

(DreamNews) 2017年04月12日(水)11時00分配信 DreamNews

ソフネットジャパン株式会社《本社:東京都港区 代表取締役社長:小田基治》は、完全クラウド型デジタルサイネージコンテンツ配信ソリューション「サイバーサイネージ」に、マウスの簡単操作のみで大規模コンテンツ配信管理を実現する「SCMS (Super large scale Contents delivery Management System)」を搭載。4月17日リリースを開始する。

ブラウザー上で本格的なデジタルサイネージコンテンツの制作から配信までをマウスひとつで運用できる、完全クラウド型デジタルサイネージコンテンツ配信ソリューション「サイバーサイネージ」を展開しているソフネットジャパン株式会社《本社:東京都 代表取締役社長:小田基治(http://www.sofnetjapan.com/)》は、この度、GMSや大型ナショナルチェーン等に向けた大規模コンテンツ配信管理システム「SCMS (Super large scale Contents delivery Management System)」を「サイバーサイネージ」に搭載。4月17日リリースを予定している。

配信型のデジタルサイネージは、サイネージ端末の設置場所に出向く事なくタイムリーに情報を発信出来るのが魅力であるが、設置台数が増えるほどコンテンツの内容も多様化し、それに伴う配信作業が複雑かつ煩雑になっていく傾向があった。
この度リリースする「SCMS」は、コンテンツとスケジュールを一体化し、事前に保存しておける「プロジェクト作成機能」と、配信先を〔ファシリティエリア属性(ロケーション)〕並びに〔プレイヤーカテゴリー属性(用途分類)〕の2つに3次元管理する「デスティネーションツリー機能」を組み合わせることにより、マウスのドラッグ&ドロップの簡単操作のみで大規模かつ詳細な配信運用を可能にするコンテンツマネージメント機能を実現した。




「SCMS (Super large scale Contents delivery Management System)」は、「サイバーサイネージBasic」以上のエディションで無償提供される。


【本件に関するお問い合わせ】
■会社名 ソフネットジャパン株式会社
◆東京本社 〒105-0012 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル5F
 TEL (03)3578-6122 FAX (03)5408-8211
◆広島本社 〒733-0011 広島市西区横川町1-4-19
 TEL (082)232-2231 FAX (082)503-0008

■ホームページ:http://www.sofnetjapan.com/
■お問い合わせメール:sjinfo@sofnetjapan.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る