• トップ
  • リリース
  • パイプドビッツ、IDOの新サービス 医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」の基盤開発を「スパイラル(R)」で支援 〜 職場環境の「見える化」から組織改善のサポートまでをWebで一元管理 〜

プレスリリース

株式会社パイプドビッツ

パイプドビッツ、IDOの新サービス 医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」の基盤開発を「スパイラル(R)」で支援 〜 職場環境の「見える化」から組織改善のサポートまでをWebで一元管理 〜

(DreamNews) 2017年03月21日(火)13時30分配信 DreamNews

株式会社パイプドビッツは、株式会社IDOが開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供し、支援した記事を本日2017年3月21日に公開しましたのでお知らせいたします。


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也)は、株式会社IDO(神奈川県相模原市、代表取締役 井戸和宏、以下「IDO」)が開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供し、支援した記事を本日2017年3月21日に公開しましたのでお知らせいたします。
URL : http://www.pi-pe.co.jp/pb/stresscheck/cap.html


■ 背景と目的
 平成27年度「介護労働実態調査」の結果(※1)によると、約6割の介護事業所が人手不足を感じており、不足している理由については、「採用が困難である」70.8%、「事業を拡大したいが人材が確保できない」20.3%、「離職率が高い」15.8%となっています。一方、介護関係の仕事をやめた理由で最も多かったのは「職場の人間関係に問題があったため」25.4%、次いで「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」21.6%となっており、現場の取り組み次第では離職を防げる可能性が十分にあるといえます。

 介護・福祉総合相談事業を展開するIDOは、医療・介護現場における職員の人財育成や離職率の改善に取り組むなかで、定期的な職員への意識調査や分析にWebを活用し、介護現場の課題を早期に発見したいという思いから、人財活性化プログラム「CAP」を構築しました。その基盤開発には「スパイラル(R)」が採用され、表面上では気付きにくい職員の生の声をいつでもWeb上で見られることを可能にしました。

※1 出典:公益 財団法人介護労働安定センター(2016年8月5日発表)
平成27年度 「 介護労働実態調査 」の 結果
URL:http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/h27_chousa_kekka.pdf


■ CAPの概要(Care facility Assistance Program)
一般介護職をはじめ、リーダー職や管理職・経営者を対象に意識調査を行うことで、職員や組織の現状を「見える化」し、業界に精通するプロのアドバイザーが働きやすい職場の改善に向けてカウンセリングする人財活性化プログラムです。


◆5つの特長◆
(1) 組織の健康診断
 組織の課題である、(1)キャリア形成・人材育成、(2)人間関係、(3)仕事の裁量性、(4)処遇、(5)社会とのつながり、(6)休暇・福利厚生、(7)労働負荷の7領域に関する意識調査を行い、一般介護職と管理者・リーダー職の回答結果を比較することで、理解の差や意識の差を正しく把握。

(2) 私の事業所アンケート(職員満足度調査)
 (1)キャリア形成、(2)職場の快適さ、(3)ワーク・モチベーション、(4)労働環境、(5)社会的な繋がりの5つのカテゴリーから、職員のホンネを把握。質問内容は希望に合わせてカスタマイズすることも可能。
 
(3)電話相談・カウンセリング
 2つのESアンケートの結果をもとに、一般介護職、リーダー職、管理職・経営者など、階層別にアドバイザーが電話カウンセリングを行い、メンタルヘルスの改善を図る。

(4) アドバイザーによる助言
 部下の育成などで悩むリーダー層に、業界に精通したプロのアドバイザーが「具体的にどうするべきか」を的確かつ丁寧に助言。

(5) 安心のセキュリティ体制
 職員の情報やアンケート結果などは、多くの金融機関や官公庁が採用する「スパイラル(R)」に格納。



[私の事業所アンケート 全体集計図]

■ CAPの期待効果

(1) 職員の意識調査からグラフで結果を「見える化」し、組織の課題を把握できる。
(2) 分析結果からプロのアドバイザーが的確にアドバイスを行い、職員の不満激減と意識向上を実現。
(3) アンケート結果をクラウドに一元管理することでWeb上での閲覧を可能にし、アドバイザーと共有できることで早急な対策検討が図れる。


■ IDOが「スパイラル(R)」を採用した理由
 「スパイラル(R)」を採用した理由については、メンタルヘルスチェックツールを探し、様々なツールの情報を集めていた際に、パイプドビッツの営業担当から一斉配信の仕組みを聞き、介護事業所が課題としている『スタッフとの報連相』や『顧客管理』などの解決に繋がると考えた点を挙げていただきました。また、メンタルヘルスチェックだけでなく、アンケートの一斉配信や災害時の安否確認などがWeb上で行える仕組みのため、様々な可能性を見出せる点も「スパイラル(R)」採用の決め手となりました。

特設ページには、サービス概要や各ページの画面キャプチャ、フロー図などがございますので、ぜひ併せてご覧ください。
URL : http://www.pi-pe.co.jp/pb/stresscheck/cap.html



■ 株式会社IDO 概要
[法人名]
株式会社IDO

[本社所在地]
神奈川県相模原市中央区淵野辺4−4−2

[代表者]
代表取締役社長 井戸和宏

[業務内容]
介護・福祉総合相談事業(介護者・専門職向け)
コンサルティング事業(介護施設の運営・管理・教育)
教育・研修事業(教育・研修・講師派遣)
メンタルヘルスサポート事業(カウンセリング)

[Webサイト]
http://ido294.com/


■ 「スパイラル(R)」とは
 「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような職員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
 なお、「スパイラル(R)」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。
URL:http://www.pi-pe.co.jp/spiral-suite/


■ セミナーに関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
EAPサービスソリューション事業部 岸 利賢
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677


■ 報道関係者様お問合せ先
パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com

※記載された社名や製品名は各社の登録商標または商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る