• トップ
  • リリース
  • MSI、AMD Ryzen対応GAMINGマザーボードにAMD B350搭載Micro-ATXモデル「B350M GAMING PRO」を追加

プレスリリース

Micro-Star International

MSI、AMD Ryzen対応GAMINGマザーボードにAMD B350搭載Micro-ATXモデル「B350M GAMING PRO」を追加

(DreamNews) 2017年03月17日(金)11時00分配信 DreamNews

MSIは、AMDの最新アーキテクチャCPUであるRyzen シリーズに対応したGAMINGマザーボードに、Micro-ATXモデル「B350 GAMING PRO」を追加し、3月18日より販売を開始いたします。市場想定価格(税別)は、10,980円です。

2017年3月17日-Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市- マザーボードの設計で世界をリードするMicro-Star International(MSI)は、AMDの最新アーキテクチャCPUであるRyzen シリーズに対応したGAMINGマザーボードに、Micro-ATXモデルの「B350 GAMING PRO」を追加し、3月18日より販売を開始いたします。市場想定価格(税別)は、10,980円です。


本製品は、Performance GAMINGシリーズに属するSocket AM4マザーボードで、黒い基板に赤いメモリスロットやヒートシンクをあしらった、シックなデザインのMicro-ATXマザーボードです。コンパクトな基板サイズに、ゲーミングPCを構築する上で必要とされる拡張性を詰め込むとともに、ほかのコンポーネントからの干渉を防ぐべく、メモリ回路を独立させ、配線の最適化を図ることで、DDR4メモリの安定動作を実現するDDR4 Boostを採用するなど、安定性も重視。また、AMDが年内に市場投入予定の第7世代APUやAthlonプロセッサにも対応し、APU内蔵グラフィックスのディスプレイ出力として、HDMIやDVI-D、VGAポートを備え、ビジネス用途にも活用できます。

■ゲーミングデバイスのLED機能も制御可能なMystic Light Sync
基板背面に赤色LEDを搭載するほか、主要ゲーミングデバイスベンダー製のRGB LED搭載デバイスの色や発光パターンなどもGAMING APPからコントロールできるようにするMystic Light Syncに対応。自分だけのゲームシステムを構築する手助けをします。

■スタジオクラスの高品質を実現するAudioBoost
オーディオ回路を他の回路と分離・独立させるだけでなく、高品質コンポーネントを採用することでスタジオクラスの高音質を実現するAudio Boost機能を搭載。コンデンサにはオーディオ機器でも採用される高品質コンポーネントを採用し、クリアなサウンドを実現。すぐれた音場再現性は、ゲームフィールドの敵をいち早く察知するのにも役立ちます。

■高性能と安定性を両立するDDR4 Boost
回路パターンを最適化し、メモリ回路をほかのコンポーネントから完全に独立させることで、最高の安定性とパフォーマンスを両立。ゲームのFPSを少しでも高めるべく、Ryzenシリーズと組み合わせ、メモリオーバークロックにも柔軟に対応できます。

本製品の仕様は下記のとおりです。

【製品仕様】


【製品情報】
B350M GAMING PRO
https://jp.msi.com/Motherboard/B350M-GAMING-PRO.html

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/

□報道関係者さまからのお問い合わせ先
 HaNaRe PR Group
 E-mail : press@hanare-pr.jp


MSIについて
2016年にMSIはイノベーションと成果に満ちた設立30周年を迎えました。
1986年に発表した初のMSI製オーバークロッキングマザーボードと、2007年に発表した世界初のターボゲーミングノートブックPCは、IT業界に大きな波紋を広げました。Top Player, Top Choiceの精神に導かれ、MSI GAMINGシリーズはその優れた技術によりゲーマーにとっての勝利の武器となり、彼らを世界の舞台で輝かせています。
大小を問わず、MSIの技術による高性能ゲーミングへの関与は、世界のゲーマーに伝わり、MSIをゲーム業界における世界的トップブランドにしています。




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る