• トップ
  • リリース
  • 2月オークネット ブランドオークション 成約結果ランキング

プレスリリース

株式会社オークネット

2月オークネット ブランドオークション 成約結果ランキング

(DreamNews) 2017年03月15日(水)13時00分配信 DreamNews

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2017年2月度のオークネットブランドオークションにおける成約点数および成約金額を集計し、ランキングベスト5をまとめました。


 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2017年2月度のオークネットブランドオークションにおける成約点数および成約金額を集計し、ランキングベスト5をまとめました。
 当ランキングは、全国約1,500店のブランド業界会員店様がオークネットブランドオークションを利用し、ご成約頂いた商材について集計したものです。


年明けから堅調に推移するオークション相場。
 年が明けて、早くも決算期を迎えたブランドオークション相場は、例年に比較して応札の強さが特徴的です。年明け以降、相場の流れが全く変化しないことから、全体的にも売り手市場が強い傾向にあります。
 買取り戦線の激しい競争が激化していることもあり、店頭在庫が間に合わない状況も一部に見られます。
 一方では、バッグ類を中心に高級商材の動きは鈍いままで、中価格帯の商材が特に出品点数の不足状態にあり、商材確保に必死の店舗も多いようです。
 そのため売り手市場の様相が深まっており、落札意欲が高まっています。相場は堅調に推移し、ルイ・ヴィトンやシャネルを筆頭に10万円代の商材にも強い引き合いがあります。
 時計も円安傾向が続いていることから、輸出需要もあり、国内向けとの戦いがシビアになっています。小売堅調の中、利幅は10%〜20%まで下がっているとの声もあり、オークション相場も決まった基準からぶれがなくなってきています。
 ファッション関係では、冬物が最終相場を迎える中、人気のモンクレールのダウン類は全く動かず堅調な相場に支えられています。毛皮コート類はほぼ出尽くした様子があり、出品点数も減少傾向を強めています。
 
 今後もオークネットは、ブランド品の成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。


<本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。>


本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット 
総合企画室 土屋、吉岡、鹿島
TEL:03-6440-2530 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp 


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る