• トップ
  • リリース
  • マーケティングオートメーション「Kairos3」で リード情報とコンテンツ作成を完全分離するデザイナー権限を追加

プレスリリース

カイロスマーケティング株式会社

マーケティングオートメーション「Kairos3」で リード情報とコンテンツ作成を完全分離するデザイナー権限を追加

(DreamNews) 2017年03月14日(火)14時00分配信 DreamNews

カイロスマーケティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐宗 大介、以下「カイロスマーケティング」)は、マーケティングオートメーション「Kairos3」(カイロス・スリー)において、本日ログインのユーザー権限の機能追加したことをお知らせいたします。

【今回拡充した機能について】
今回の機能拡充では、マーケティングオートメーション「Kairos3」のユーザー権限でデザイナー権限を追加しました。デザイナー権限とは、「Kairos3」のフォームやメールコンテンツ作成のみを実行できるユーザー権限です。各種キャンペーンの設定、レポートの閲覧や個人情報の閲覧ができないため、デザイナーや外部業者さまにデザイナー権限でユーザーを安心して作成できます。


今回機能追加したデザイナー権限では、以下の機能を提供します。

・Kairos3のログインユーザーの権限に「designer」を追加しました。フォームとメールの作成ができるユーザー権限をご用意しました。各種コンテンツの作成と個人情報の管理をユーザー権限にて分離できるようになりました。

・APIフォーム機能にテストモードを追加しました。自由にカスタマイズできるAPIフォームの作成をする際に、フォームの登録処理や自動返信メールなどの動作チェックができるようになりました。

・キャンペーン設定時の設定項目をまとめて表示するようにしました。フォーム設置・設定時にフォームに関する技術知識がなくてもキャンペーンの設定が容易にできるようになりました。


【デザイナー機能の活用例】
今回マーケティングオートメーション「Kairos3」で拡充した機能によってコンテンツの作成がよりセキュアかつ柔軟にできるようになりました。

1. 社内における個人情報取り扱い者の限定
個人情報を取り扱う担当者と、キャンペーンのためのコンテンツ作成者を明確に分離して社内の個人情報漏洩のリスクを低減できます。

2. 外部業者へのコンテンツ作成を依頼しやすくなりました
マーケティングオートメーションに欠かせないデザイン性の高いフォームの作成やHTMLメールの作成を外部業者に依頼しやすくなりました。外部業者に「design」権限でユーザーアカウントを発行すれば、あらゆる個人情報の開示やキャンペーン設定・結果を見せることなくコンテンツの作成を依頼できます。


「Kairos3」はクラウド型のマーケティングオートメーションです。初期費用1万円、月額利用金5,000円からご利用になれます。「Kairos3」の情報は、以下のURLからご覧になれます。
Kairos3 https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation/


マーケティングオートメーション「Kairos3」について
マーケティングオートメーション「Kairos3」は、フォーム作成、Webログ解析、メール配信、顧客管理など企業のマーケティング業務に必要な一連の機能を組み合わせ、顧客の購買行動プロセスに最適なマーケティング活動を展開することで、より多くの営業案件を効率よく見つけ出します。ビジネス機会の創出と、ビジネス機会の損失の最小化により、ライバル企業との差別化を実現します。


会社概要
社名 :カイロスマーケティング株式会社
所在地 :東京都新宿区四谷3-1-4 斉藤ビル4F
代表者 :佐宗 大介
設立 :2012年9月
事業内容 :マーケティングオートメーション「Kairos3」の企画・開発・運営
URL :https://www.kairosmarketing.net/
https://blog.kairosmarketing.net/(ブログ)
 https://www.facebook.com/KairosMarketingInc (Facebook)

【本件に関する問合せ先】
カイロスマーケティング株式会社
広報チーム
TEL: 03-5366-4712
Mail: inquiry@kairosmarketing.net


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る