• トップ
  • リリース
  • ボトルがいらないウォーターサーバー 4種類の特別なフィルターで 美味しく安全な水を 表示を刷新 よりわかりやすく日本語表記に

プレスリリース

キスリー株式会社

ボトルがいらないウォーターサーバー 4種類の特別なフィルターで 美味しく安全な水を 表示を刷新 よりわかりやすく日本語表記に

(DreamNews) 2017年03月13日(月)17時00分配信 DreamNews

キスリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:西村太郎)は、ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」のろ過フィルターを2017年2月にリニューアルしました。

キスリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:西村太郎)は、ノンボトル・ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」のろ過フィルターを2017年2月にリニューアルしました。

「クール・クー」は、ボトルがいらない水道につなげて水をろ過する自動給水型ウォーターサーバーです。導入時、水道管にチューブを連結させる簡単な工事をおこなうだけで、一般的なサーバーのように重たいボトルの交換もいりません。定額料金でいつでも好きなだけ冷水(約4度)と温水(約85度)を飲み放題になります。さらに、レンタル料の4,200円(月額/税別)には、年1回専門スタッフが殺菌・消毒・清掃・フィルター交換のメンテナンスを行う費用も含まれているため、安心して使用できることから導入数は右肩上がりで増加しています。

「クール・クー」は、RO(逆浸透)膜ろ過というNASAや豪華客船などでも採用されている技術で水道水をろ過しています。RO(逆浸透)膜ろ過すると、水以外のイオンや塩素類、放射性物質までもの不純物を除去した純水(ピュアウォーター)になります。
今回、このRO(逆浸透)膜ろ過に使用するフィルターの表示が変更となりました。従来品はラベルが英語表記でしたが、新しいものは日本語表記の当社オリジナルのものとなり、利用者にとってよりわかりやすい表示になっています。

「クール・クー」では4種類のフィルターを通って水道水がろ過されます。まず「セディメントフィルター」で水道水に含まれるサビや砂、チリ等の不純物を取り除き、初期段階での不純物除去効果を最大限高め、他のフィルター寿命を延ばすことができます。続いて「プリカーボンフィルター」という吸着工程を通して、塩素、トリハロメタン、有機化合物といった微細な不純物を取り除きます。そして、「ROメンブレン(逆浸透膜フィルター)」を通し、高圧と0.0001〜0.001umのさまざまなサイズの半透膜を利用して、バクテリアや重金属等の人体に有害な物質を分子レベルで除去してピュアウォーターに生成します。そして最後は「ポストカーボンフィルター」を通り、水中に溶解されたガス成分や塩素、悪臭を除去し、水の味をまろやかにします。
「クール・クー」は水道水をろ過するということで、台所の水道に取りつける浄水器と同じと思う人がいます。しかし、一般的な浄水器は活性炭フィルターのみでろ過して塩素などの不純物を除去するため、濾過能力、安全性は「クール・クー」と比較できません。
また、従来のウォーターサーバーで使用するボトルの水をすべて天然水だと勘違いしている人も多いですが、半数は水道水を「クール・クー」と同じように水道水をROろ過したものです。工場でろ過したものをボトル詰めして配送するため、水道直結で飲む直前にろ過する「クール・クー」のほうが新鮮な水ともいえます。

今回リニューアルしたフィルターは、「クール・クー」で使用するだけでなく、今後、他社のノンボトル・ウォーターサーバー用として、フィルターだけの販売もおこなう予定です。

キスリーでは、今後も人々の健康と豊かな生活のためにノンボトル・ウォーターサーバーを拡販してまいります。

【会社概要】
社名:キスリー株式会社
本社:東京都渋谷区宇田川町 36-1 山和渋谷ビル8階
ホームページ:http://qi3.co.jp/
代表:代表取締役  西村 太郎
設立:2013年5月29日
資本金:1億3,421万5,000円
事業内容:
◆ノンボトル・ウォーターサーバーの開発及び製造
◆ノンボトル・ウォーターサーバーのレンタル及び販売
◆ノンボトル・ウォーターサーバーのメンテナンスサービスの実施


<本件に関するお問い合わせ先>
キスリー広報事務局  担当:若杉
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
携帯:070-2194-4320  メール:pr@real-ize.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る