• トップ
  • リリース
  • 『決算書から自社の課題を知り、経営を改善するための実践法を学ぶ』セミナーを開催〜会計・税務・経営コンサルティングのアタックスグループ

プレスリリース

株式会社アタックス

『決算書から自社の課題を知り、経営を改善するための実践法を学ぶ』セミナーを開催〜会計・税務・経営コンサルティングのアタックスグループ

(DreamNews) 2017年03月28日(火)09時00分配信 DreamNews

税理士法人・経営コンサルティング会社を有するアタックスグループ(東京・大阪・名古屋・静岡、代表取締役社長 西浦道明)は、東京にて『決算書から自社の課題を知り、経営を改善するための実践法を学ぶ』セミナーを開催することになりましたので、お知らせいたします。

経営を行うために必要な「財務力」についてご理解いただき、その上で、決算書(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)の役割と重要性をご認識いただきます。また、それぞれの決算書を実際に見て頂き、そこから何を読み取り、どのように経営に活かすかをお話します。

後半では、決算書を分析することで、自社の強み・弱みを知り、改善に結び付けるための考え方を学んでいただきます。実践に近い決算書を使用して分析を体験いただきます。

今回の講義で、会社が作成する決算書を「読む」こと、そして、経営(業績)改善の考えかたを理解していただくことができます。

経営判断に欠かせない情報を提供してくれる決算書は、大変重要な経営資料でありながら、十分活用されていないのが実情です。決算書から自社の健康状態を知り、手を打つべきところを把握するなど、経営に役立てる「見方」について事例を上げながらご説明しますので、ご自身の会社に置き換えながら、実践的に学んでいただくことができます。


【セミナータイトル】
  『決算書から自社の課題を知り、経営を改善するための実践法を学ぶ』

【セミナー内容】
 1.経営者が持つべき「財務から経営を見る視点」 
 (1) 生き抜くための経営マネジメントを考える
 (2) 稲盛さんから学ぶ財務力

 2.決算書の持つ意味を理解する  
 (1) 決算書の情報を正確に読み取る

 3.事業構造を把握するための見方
 (1)BSから自社の事業構造を知る
 (2)PLから自社の事業構造を知る
 (3)CFから自社の事業構造を知る

 4.決算書を分析する  
 (1) 安全性の分析
 (2) 収益性の分析
 (3) 効率性の分析他

 5.経営指標を経営に活かす  
 (1) 経営指標の意味を理解する
 (2) 各指標を改善するための考え方


【開催日】
 2017年4月7日(金)13:30〜17:00
 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02221.html


【講 師】
 株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング 代表取締役会長 片岡 正輝

【受講料】
 17,280円(税込み)

【定 員】
 30名様

【対 象】
 経営者・経営幹部
 ※同業者の方はご遠慮ください。

【会 場】
 アタックスセミナールーム(電話  03-3518-6363)
   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105











【会社概要】
 ■会社名 株式会社アタックス
 ■代表者 代表取締役 西浦道明
 ■資本金 3億5,500万円
 ■所在地 東京都千代田区神田神保町1−105
 ■TEL 03−3518−6363
 ■FAX 03−3518−6366
 ■URL http://www.attax.co.jp/
 ■お問合せフォーム http://www.attax.co.jp/contactall/
 ■事業内容 1.税理士法人 2.経営コンサルティング



【お問い合わせ先】
 ■会社名 株式会社アタックス
 ■担当者 経営情報室 山崎
 ■TEL 03−3518−6363
 ■FAX 03−3518−6366
 ■お問合せフォーム http://www.attax.co.jp/contactall/




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る