• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社のTPCマーケティングリサーチ(株)、機能性食品素材市場について調査結果を発表

プレスリリース

TPCマーケティングリサーチ株式会社

マーケティングリサーチ会社のTPCマーケティングリサーチ(株)、機能性食品素材市場について調査結果を発表

(DreamNews) 2017年03月10日(金)18時00分配信 DreamNews

2015年度の機能性食品素材の市場規模は、前年度比5.1%増の521.5億円となった。同市場は、機能性表示食品制度によって“目の疲労感、ピント調節”“肌の水分保持”等の具体的な効果の表記が可能となり、このことが市場規模の拡大に繋がっている。当資料では、機能性表示食品制度により今後活性化が見込まれる機能性食品素材市場について、主要成分別に展開企業、研究開発動向、今後の市場性等を調査している。

概要
◆今回対象とした機能性食品素材の市場規模(2015年度)は、前年度比5.1%増の521.5億円となった。2015年度は、機能性表示食品制度の施行、インバウンド需要により市場は拡大する結果となった。

◆素材別では、アイケア素材のアントシアニンやルテイン、脳機能素材のイチョウ葉エキスやDHA・EPAのほか、美容素材のヒアルロン酸やコラーゲン、アンチエイジング素材のレスベラトロールといった素材が大きく伸長した。機能性表示食品制度が始まり、“目の疲労感、ピント調節”や“認知機能、記憶力”、“肌の水分保持”などの具体的な効果を表記できるようになったことで、消費者も自分に合った製品選びがしやすくなり、末端製品の売上が伸長することで、原料市場の拡大にもつながった。

◆原料メーカーの近年の動きとしては、自社素材の機能性表示食品制度対応素材としての提案に関心が高まっており、対応に向けた研究も進んでいる。また、質の高い日本製が評価され需要が高まっている海外展開に向けた動きも活発となっており、海外食品認証や安全認証を取得している企業も増えている。このほか、素材の新たな分野開拓も模索されており、大学などの各種機関と連携して研究を進める企業もみられる。

◆当資料では、機能性表示食品制度の施行により活性化が見込まれる機能性食品素材市場について、主要成分別に、展開企業、研究開発動向、今後の市場性などを調査しレポートしている。



TPC市場調査レポート
「2017年 機能性食品素材の市場分析調査」
―機能性表示食品制度により拡大する原料市場―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr130170331
資料体裁:A4判 137頁
発 刊 日:2017年3月10日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社(旧 株式会社総合企画センター大阪)
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
Webサイト:http://tpc-cop.co.jp/ フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る